四ツ葉商会 伊勢・神戸の真珠関連洋品専門店

English

社長の独り言


TOTOジャパンクラシック

今週金曜日(11月6日)から志摩市・賢島カンツリーにて「TOTOジャパンクラシック」が開催されます。
昨年までミズノクラシックとして開催されていましたが、今年からスポンサーがTOTOに変わり、大会名が変わりました。
今年も「真珠100年委員会」より真珠の協賛を行い、11月3日レセプションパーティーにて真珠の贈呈を行ってきました。協賛をいただいた業界の方・お手伝いいただいたスタッフのみなさんありがとうございます。
この大会を観戦に行かれる方・TV放映を見られる方、選手の素晴らしいプレイとともに、ぜひ選手の耳元にもご注目ください。

9月15日

9月15日、この日は何の日でしょうか?
答えは今から約400年前、政権が完全に豊臣から徳川に移った日。そう「関ヶ原の戦い」の日です。
豊臣秀吉が亡くなり五大老五奉行制が布かれた後、徐々に政権が家康に移ってゆく中で 豊臣の覇権を守ろうとした石田三成が徳川家康に戦いを挑み、日本を東西に分けた大戦(おおいくさ)の行われた日です。
皆さん勉強をされてこの事はご存知かと思います。ここでは歴史検証はしませんが、明治時代当時日本陸軍に招かれていたドイツ陸軍大学教授のメッケル氏が関ヶ原の戦いの布陣を見せられて西軍が勝ちと断言したそうです。しかし史実は逆で東軍の圧勝でした。家康の調略により離反・裏切りで東軍が勝利を掴んだ事実を聞き、その後メッケル氏は調略と情報収集・分析の必要性を強く指導するようになったとの事です。
歴史に「たられば」はありませんが、今の私達は冷静に判断する事ができます。
もし小早川秀秋の裏切りがなければ(大谷吉嗣は予測していましたが)・・・。もし三成の要請を受けて豊臣秀頼が西軍の大将に就いていれば・・・。東軍主力の秀忠が戦場に遅参したにも関わらず勝利を手にした家康。三成以上の手段を駆使した家康の方が一枚も二枚も上だったのでしょう。
今私達を取り巻く経済状況は今だに混沌としています。世界各地で起こる紛争、中国経済の不安、直近では関東地方を襲った大水害。良いニュースより悪いニュースの方が多く感じるのは気のせいでしょうか?
何とかをしなければ・・・。何かをしなければ・・・。中々妙案は浮かびませんが、

「調略(いい意味で)・情報収集(柔軟な気持ちで)・分析(色んな角度から)」

この言葉を忘れずに、前に進む気持ちを無くさずに頑張りたいと思います。

>>続きを読む

醒ヶ井の梅花藻

baigamo2.jpg

baigamo1.jpg

 知り合いに醒ヶ井の梅花藻画像いただきました。以前会社の横の川で見つけたアナカリスとは全然違ってました。
この梅花藻のある醒ヶ井は中山道、米原から関ヶ原間のある旧宿場町です。
この醒ヶ井に湧き出る清水を源流とする地蔵川があり、この清流に梅花藻が生育しています。ネットで調べたら、昔の宿場町の風情を残した落ち着いた街並み。梅花藻は初夏から初秋まで花を咲かせているので、もしご興味のある方がいらしたら一度訪れてください。


「驕れる平氏久しからず」

夏の甲子園。猛暑の中、高校球児達の熱戦が始まりました。昨日(日曜日)私の地元三重県代表校の試合がありました。三重県代表は公立の津商。相手は甲子園常連の智弁和歌山。三重県は野球弱小県おまけに初出場なので、恥ずかしくない試合が出来れば・・・位に思って朝からTV観戦しました。なんと結果は9-4で圧勝。初回こそ智弁打線の洗礼を受けて2点先制されましたが、中盤に追いつき逆転。途中エースのアクシンデント降板も乗り越えてまさか?の勝利。津商の選手の皆さん、勝利おめでとう&弱気な思いすいませんでした。
頑張って敗れた智弁和歌山の選手の皆さんご苦労様でした。
甲子園での歴史、戦績を見る限り智弁和歌山が実力が上、決してタイトルのことわざが的を得ているとは思いませんが、私の頭の中では智弁和歌山は平氏でした。智弁の選手達におごりがあったとか相手を侮っていたとかの気持ちは決してなかったと思いますが、私の気持ちの中には最初から勝負を諦める気持ちがありました。
「奢れる平氏久しからず」強いから・得意だからと言って驕らず。弱いから・不得意だからと言って弱音を吐かず。こんな気持ちの大切さを知らされた昨日でした。

梅花藻(バイガモ)発見?

 久しぶりの更新です。長い間の放置すいませんでした。
今日本社の横を流れている川で小さな花を見つけました。ネットで見かけた梅花藻にそっくり・・・。近場では米原の醒ヶ井の梅花藻が有名。梅花藻は清流でしか育たない水中花、ここって(本社横の川)そんな清流じゃないし?
その時従業員がぽつり「それってアナカリスじゃありませんか?」ネットで調べたら梅花藻は花びらが5枚で梅そっくり。
会社横の川の花は花びら3枚のアナカリス。会社の横の花は?残念・・・。花びら3枚のアナカリスでした。
梅花藻のような貴重な花が普通の川に繁殖する訳ないですよね。また近いうちに本物の梅花藻を見に行こうかと思いま
す。

>>続きを読む

「釜石の奇跡」

 半年以上の更新で失礼します。沢山の方より更新がされていないと指摘をいただいてました。
日常の仕事に追われ本日(3月12日)久方ぶりに独り言述べます。
昨日で震災から2年が経ちました。亡くなられた方々、今なお行方不明の方々のご冥福をお祈りいたします。又震災後の困難に直面して復旧にままならない思いをされている方々のおかれては、一日も早く元の生活に戻れる事をお祈りいたします。
最近震災時の検証として報道される色々な番組の中で「釜石の奇跡」と言われている番組を見ました。釜石に住む小中学生が多くの大人を助けた話です。
学校の教育の中で、地震が起こった時は津波に襲われない様にいち早く高台に避難する事を常々聞かされていた生徒達が、地震の後避難しない両親や祖父母に早く非難しようと言って多くの命を助けた話です。大人達が持っていない危機管理が子供達には備わっていて、それがあの震災の中で役立ちました。日頃からの危機管理、私達もその事を胆に銘じてビジネスを考えないと・・・。
アベノイズム効果なのか長年苦しんでいた円高が一転して円安に。おかげで景気が浮上していくかもと感じる中の輸入商品の値上げ。
一方が良くなるともう一方では不都合が生じて・・・。中々思い通りに行かないのが現実ですが、弊社は色んな危機を想定してビジネスを展開して行こうと考えています。
今日は久しぶりの更新で少し営業トークを入れます。
4月?日、久しぶりにセールを行います。弊社の取り扱っている真珠関連用品のカタログがようやく配布できる目途がたちました。そのカタログ配布に合わせて「消費税5%還元セール」を行います。今回カタログの中には長年の価格変更に耐えられなくり値上げする商品も含んでおりますが、出来うる限りの事前告知を行って案内いたします。案内が手元に届いた時はセール前に購入していただいた方が良い商品、セール中に購入していただいた方が良い商品、それぞれを解りよく案内いたしますので、是非ひとつの危機回避としてご利用ください。
本日最後ですがようやく春らしい季節になりました。この暖かくなる季節に合わせて皆様のご健勝をお祈りいたします。

「熱くて、寝れない夏」

 梅雨らしくない梅雨が空けて、連日、昼間の猛暑の熱気が夜まで残り、寝苦しい毎日が続いています。この寝苦しい夜をTVから流れてくる熱い内容が寝不足に追い打ちをかけてきます。
6月末から開催された「ウィンブルドン」。先週(7月22日)最終日を迎えた「全英オープンゴルフ」。そして先週末から始まった「ロンドンオリンピック」。日本と正反対のイギリスで開催された(している)これらの大会はほとんど深夜の時間帯の放送で連日TV放送に見入っている自分がいます。
ウィンブルドンでは大病から復帰して優勝したウィリアムス。この大会で世界一に復帰して優勝したフェデラー。それぞれがbPの目標に向かって戦った試合は勝者はもちろん敗者にも拍手を贈るすばらしい試合でした。
「全英オープン」では3日間隙のないゴルフをしたアダムスコットを最終日にアーニーエルスが我慢強い粘りのゴルフで逆転優勝。放送終了30分前からの1打を廻る争いに最後まで目が離せませんでした。
先週末から始まったオリンピックでは連日の男女のサッカーチームの活躍。残念ながら持てる力を発揮できず敗退した日本選手達。それぞれの戦いに一喜一憂しています。
それぞれが世界一を目指して日頃の練習を成果を出そうとするひた向きな姿には、勝者・敗者関係なく感動を貰っています。
頂点を目指すアスリート達の熱い戦い。暑い夏は遠慮したいですが、この感動を分けてくれる熱い戦いは大歓迎。このアスリート達の活躍から少しでも鋭気を分けて貰って、仕事への糧としたいと思います。

『別れ』

今年に入って私自身2つの別れを経験しました。ひとつは「悲しい辛い別れ」もうひとつは「嬉しい別れ?」・・・。
この1月に我が家の一番下の息子が亡くなりました。私にとって大事な息子・・・。
実は愛犬のととくんです。我が家に来て16年と3か月、この世に生まれてわずか16年と5か月の短い命でした。伊勢と神戸で仕事をする私が、「今日パパ神戸行くね」の言葉を聞くと寂しそうに目を背ける姿。家族が「今日パパ帰ってくるよ。」と聞くと嬉しそうにそわそわして何度も玄関まで行って私の帰りを待つ姿。そんなととくんとの別れは私にとって悲しい出来事でした。
もうひとつは長女が嫁ぎました。結婚式の最後のフィナーレで新郎新婦が家族に向けて感謝の言葉を述べた時に、寂しい思いとそれ以上に長女の幸せを喜ぶ嬉しい気持ちが湧きました。
それぞれが悲しさ・寂しさ・未来への希望を持った嬉しい別れでした。
 今日3月11日はあの忌まわしい「東日本大震災」から丁度一年。一瞬にして家族や知り合いを失った方達はさぞ悲しい思いをされたことと思います。
私の味わった「別れ」よりもっと辛くて悲しい経験をされたと思います。
震災で多くの「別れ」を経験された方々には、前向きな気持ちをなくさないで少しずつでも頑張って歩んでいただきたいと願います。

「敵は雨と編集」

 今年も志摩市・賢島カンツリーで開催されるミズノクラシックの時期になりました。本年も真珠100年委員会より出場全選手にアコヤ真珠のイヤリング・ピアスが贈呈されました。今日はミズノクラシックの初日で会場で確認作業をしたスタッフからの報告で、贈呈された真珠を着用した選手が12名・以外の過去のプレゼントした真珠や自前の真珠を着用した選手が7名・計19名の選手の耳元に真珠が輝いていました。後2日間何名の選手の耳元に真珠が輝くのでしょうか?
今日入った情報によると最終日の表彰式では恒例となっている志摩市長賞の真珠ネックレスがついに選手の首に「・・・・・」場面が実現するそうです。問題は雨模様の天気とTV放送の編集。最終日、是非いい天気の中で大会が終了してTV放送の中で真珠ネックレスが「・・・・・」シーンが見られることを期待します。この独り言を見てくれた方も日曜日のミズノクラシックの放送、是非ご覧になってください。

「あきらめない気持ち」

 又々ひさびさの更新となってしまいました。今週はは台風の影響で西日本を中心に被害が出ています。実は私も昨日移動の予定が台風の影響で電車が止まってしまい、予定が大幅に狂ってしまいました。今回の台風は速度が遅く風雨の被害が出ると予想されています。これ以上の大きな被害が出ない事を祈ります。
さてこの台風が過ぎればいよいよ秋本番。秋と言えば「スポーツの秋」、スポーツの話題が賑わう季節です。その中でも今回は7月の女子ワールドカップで優勝した「なでしこジャパン」のロンドンオリンピック予選が注目の的になるかと思います。
7月のワールドカップ決勝戦では、世界bPのアメリカに対して2度のリードを許しての同点、そしてPK戦での勝利。この勝利を掴み取った色んな要因の中のひとつにあった「あきらめない強い気持ち」。モチベーションの大切さを世界中の人々に教えてくれました。
今回のロンドンオリンピック予選の初戦はタイに快勝して勝ち点3を得ました。今後の彼女達の活躍を楽しみに観戦していきます。
2011年は色んな意味で大変苦難な年になってしまいました。「震災」「大津波」原発事故」後世界経済の動向・・・あげればきりがありません。
残された2011年、少しでも良くしていくには?この自問の中で当社はなでしこジャパンに教えられた「あきらめない気持ち」を再認識してトライしていきます。
8月のセールは終了しましたが、9月・10月・11月・12月の毎月新しい情報や皆様の約に立つ情報を元にセールを行います。その中で少しでも皆様の約に立つ情報があればご利用ください。

「お詫びとお礼」

 独り言ひさしぶりの更新となりました。前回4月以降約2ヶ月が過ぎてその間の更新も出来ずお詫びいたします。
又5月の「決算セール」では東日本大震災義捐金用のストラップ購入のご協力ありがとうございました。皆様にご協力いただいた義援金121,500円。それに当社と当社スタッフよりの義捐金を足して150,000円を「東日本大震災義援金政府窓口」に振込いたしました。
ここに改めてお礼申し上げます。
昨日、ニュースの中で今年度の日本の経済成長予測が0.1%とほぼゼロ成長で推移する旨の
報道がありました。私の本年年頭の独り言では今年は卯年で上昇飛躍の年に・・・・。と書きましたが、私の甘い予想(希望)もはかない思いとなってしまいました。(まだなった訳ではありませんが)
当社もこの6月からが新年度。今回の日本の経済成長予測0.1%を少しでも上回るように頑張っていきたいと思います。

『助け合い』の気持ち

又々久しぶりの更新となってしまいました。
まず何より先に
『今回の東日本大震災で無くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。また震災の被害に遭われて大変苦しい思いをされている方々には、まだしばらくは不便が続くかとは思いますが、どうぞ希望をなくさずに頑張ってください。』
震災の後、公共機関や銀行にある義援金の募金箱を見るとあまり深くは考えずに少しでも役に立てばと募金はしていました。
しかし今朝のニュースを見て改めて思い知らされてしまいました。
それは、今世界中から日本(東北地方)に向かって支援が集まっているのです。現在日本は世界で2番目に海外支援を受けています。
しかし今日本を支援している国の中には日本より貧困な国もたくさんありました。そのような立場にあるにも関わらず、過去に日本が人道的にも資金的にも数々の支援を行ってきたことで各国の方々が「今度は私たちが震災に遭った日本(東北)を助けてあげる番だ」と暖かい思いやりの気持ちで日本を応援してくれています。
近年の日本は激しい競争の社会の中で、相手よりより優位になることが一番のような社会風潮があります。それはそれで厳しい現代社会の流れだとは思いますが、ややもすると忘れかけていた『助け合い』の気持ちを今回の世界中からの支援の話を聞いて改めて思いしらされました。
東北地方の地震はだいぶ収まったようですが、まだ今後の復興や福島の原発等問題は山積しています。
『助け合い』の気持ち。今朝のニュースを見て改めて今回の震災で被害に遭われた方々への支援をしてあげなければと思い起こされました。

「ありがとうございました」&「ありがとう」

当社の「新春セール」も先週の22日で終了いたしました。
沢山のお客様にご利用いただき、盛況の中で終了いたしました。「ご利用いただきました皆様、どうもありがとうございます」
「セール」の結果は今検証中ですが、この厳しい経済状況の中でまあまあの結果が出せたと思います。今回ご利用いただいたお客様にも貢献もできて、ほんの少しではありますが業界のお役に立てたと思っております。ここで改めてお礼申し上げます。
「今回当社の新春セールをご利用いただいた皆様、どうもありがとうございます。又ご協力いただいたメーカー様、ありがとうございます」
さて今日はもうひとつの「ありがとう」を・・・・。
アジアカップを制したザックジャパンの選手に贈る言葉です。今回大会の6試合で余裕で観戦出来た試合は予選ラウンドのサウジ戦のみで、後の5試合はすべて薄氷を踏む思いの中での観戦。最後に勝利をつかんだ日本チームに感激しました。
その中でも特にアジアカップを制した日本チームから感じた事が「諦めない気持ち」でした。
予選ラウンド、ヨルダン戦での後半ロスタイムでの同点。シリア戦ではゴールキーパーがレッドカードで退場して同点に追いつかれてからの少ない人数からの勝利。
決勝ラウンドのカタール戦では先制され追いつくも退場者が出て、少ない人数からの逆転。
準決勝の韓国戦では120分戦ってもドローの中でのPK戦を制したまさに死闘と表現できる戦い。そして今日のオーストラリア戦。この試合も120分フルに戦っての勝利。
どの試合も諦めたら終わり、いや普通なら諦めてしまう状況に追い込まれてもそれを跳ね返して勝利を掴み取った、勝利への「諦めない気持ち」が感じ取れました。
まだしばらく続きそうな閉塞観の漂った経済状況ですが、「諦めない気持ち」を持って、いろんな知略・戦略を駆使して頑張っていきましょう。そんなエールをくれたザックジャパンのチームに
「ありがとう」

「申し訳ありません」

寒の入りを迎え、厳しい寒さが続く毎日となっております。

当社の「新春セール」も本日で3日が経ちました。
セールに入って沢山の皆様にご利用いただきました事「誠にありがとうございます」

実はまだ8日間のセール期間を残しておりますが、今回特別価格で用意した商品の中で一部完売してしまった商品が出てしまいました。
特別価格商品の数量も、当初お知らせした数より多く準備しましたが、予想以上の好評をいただいての完売商品、まだセールの前半にも関わらずこのような仕儀となってしまいました

「申し訳ありません」

後、皆様もご存知かと思いますが、昨年秋からSVが高騰しております。この高騰のあおりを受けて昨年末より各メーカー様よりSV商品の値上げの通達がありました。
当社の取り扱い商品の中にも一部値上がりした商品もありますが、ほとんどはまだ据え置いた価格でセールに突入しております。(一部特別15%OFFも用意しました)
昨年末段階で値上げを行わなかったメーカー様も1月よりの値上げ、又一番遅いメーカー様も4月1日からの値上げとの通達がきており、当社のSV商品もいずれ近いうちに値上げとなってしまいます。
お客様におかれましては、是非今回の当社の消費税サービスを上手く利用してのご利用お奨めいたします。
本年の「卯年」。当社の「新春セール」が少しでも皆様のジャンプアップに繋がる様、期待いたします。

「新年あけましておめでとうございます」

 「新年あけましておめでとうございます」
今日は1月10日の成人式。新年のあいさつが今日になってしまいました。
新年早々ですが、今年の景気はと考えると?・・・今年も大変厳しそうですね。とはいえ、悪い事ばかりを想像しても何にも前には進みませんよね。
昨年最後の独り言でも書きましたが、本年(平成23年は当社が神戸に出店して10年目。時が経つのは早いもので、もう10年目って感じです。
この10年何が出来たのか?「なんとかやってこれた」のが実感で決して楽な9年ではありませんでした、がともあれ継続出来たのは業界の皆様のおかげです。
ここで10年目を迎える事が出来たことお礼申し上げます。
「業界の皆様、ご贔屓にしていただきましてありがとうございます
神戸での10年目を迎えるに当って、皆様への感謝の気持ちを込めて、明日(1月11日)より当社としては初めて1月のセールに入ります。
年末よりのお知らせでたくさんのお客様より問合せをいただきました。中にはセールに向けて準備した商品が問合せだけでほとんど完売に近い状態になってしまい、ご迷惑をおかけするやもしれません。もしこの独り言を読んでいただいたお客様の中で、当社のセール商品にご興味がある方がいられましたら早々の連絡お願いいたします。
では明日からのセールに頑張りますので、これからも業界のお役にたてる「四ッ葉商会」を目指して邁進していきます。

「今年一年ありがとうございます」

 今年も今日で終わります。一年間ありがとうございました。
独り言も11月のミズノクラシック以来、更新できずに今日になってしまいました。
来年こそはもっと頻繁に更新したいと思います。
今日はここで今年最後に来年の報告をして最後とさせていただきます。
来年(平成23年)当社が神戸に出店して10年目を迎えます。出店しての9年間、業界の景気は決して好いとは言えませんでした。そんな中でなんとか営業を続ける事が出来、皆様には大変感謝しております。そこで10年目の節目を迎えることが出来る事を感謝して、当社として初めて1月に「セール」を行います。
詳しい内容は12月に皆様に配布させていただきましたが、ここでもう一度簡単にセール内容を紹介いたします。
期間 平成23年1月11日〜22日
内容 @期間中消費税サービス(一部対象外あります・当社販売商品はほとんど対象内)
    A期間中「お試しセール」商品の設定(通常販売価格の50%OFF&セール期間購入の
     お客様はセール後3月31日まで購入対象商品10%OFF価格購入の特典付)
    B12月新商品特集号掲載品の中で特別価格品多数設定
    詳しい内容は当ホームページにも掲載しておりますので是非参考にしてください。
来年の景気動向はと考えると決して楽観は出来ない状況ですが、来年の一月早々に皆様のお助けが出来る様頑張ってセールを行いますので、皆様も卯年にちなんで是非ジャンプアップの年に繋げてください。
                                            平成22年12月31日   

「佳境」

 9月依頼の久々の更新です。更新の時間がなくて・・・。ネタも探せずに・・・。
3月に書いたF-1がいよいよ佳境となりました。あと2戦を残してチャンピオン争いも熾烈になってますね。私の応援するフェラーリチームのアロンソも、途中芳しくない成績でヤキモキしましたが後半の頑張りで現在トップ。後2戦が楽しみです。
佳境と言えば、今年も明日から11月。ミズノクラシックの協賛イベントが近づきました。運営スタッフの方は準備も佳境を迎えているかと思います。開催まで後少しの時間しかありませんが頑張ってください。
今年はUSLPGA代表からは好調を維持している宮里藍・宮里美香選手を初め2007年優勝の上田桃子選手。日本LPGA代表では韓国選手と日本選手が拮抗していますが有力な日本人選手の出場、最終日には是非日本人選手が優勝トロフィーを掲げてその耳元には真珠が・・・と、2007年の上田田桃子選手の再来を期待しています。

上杉鷹山

 先日ケーブルTVの深夜番組で「上杉鷹山」の物語を見ました。
上杉鷹山、米沢藩9代藩主。有名な言葉で「為せば成る為さねばならぬ何事も成らぬは人の為さぬなりけり」この言葉を聞けばご存じの方も多いと思います。
今から約250年前、莫大な借金を抱え藩を幕府に返上する直前まで追い込まれた米沢藩を今でいう行政改革を行って、藩を窮地から救った名君です。詳細はここでは控えますが、それまで上杉謙信公から続いた名家としての自負に固まった上杉家
を、民中心の米沢藩に切り替える事によりその偉業を達成しました。
現代の複雑な社会の中で過去の経緯に囚われずに新たな展開を求めて、その目標が達成できるとは思いませんが、「為せば成る・・・・」この言葉にあるように、前向きな気持ちは無くさずにトライしていきたいと思います。

「お盆休み」終了

 「お盆休み」も終了して、本日より営業開始です。
真夏の熱い盛りを避けて休養に当てようとした休みですが、終戦の時期と重なって夜遅くまで戦争の特番に見入ってました。
戦後65年経っても出るは出るはの日本の愚作戦。アッツ島の玉砕の真相や終戦前日の特攻出撃等常識では考えられない作戦や戦略。せめて終戦後10年位で公表されていればもう少しましな世の中になっていたのかも・・・?当時の常識が現在の常識と同じでないのは致し方ないとしても、起こった事を冷静に検証すれば何が良くて何が悪かったのかは判断できるはず。
これと同じ事が現代にも当てはまります。長く同じ環境に浸っていると、その中と回りの常識がずれてしまう事が多々あります。
いつの時代も作り手の苦労と使い手の利便を考えて、どちらにも偏らずどちらの目線も持ちながらビジネスを心掛けたいものです。

「守・破・離」

 「守・破・離」=室町時代の「能」の世界で使われていた言葉です。この言葉の意味は
「守」 教えを学び守る
「破」 教えの言葉から抜け出し、真意を会得する
「離」 型にとらわれず、自在の境地に入る
この言葉に対して私たちの業界は?100年間のメイン商材は?販路は?
先日私たちの業界へ材料を供給しているメーカーの方と話をしました。新製品を紹介しても業界の中心となる業者様の反応より異業種か一般の方からの反応の方が早いと。
「守」 真珠のメイン販路は?もちろん宝飾業界が中心でしょう。
「破」 宝飾中心としての真珠から又違う利用用途の真珠があるのかも・・・?
「離」 違う用途があれば、今までにないマーケットにいけるのでは・・・? 
私には残念ながら、違う用途の真珠は見い出せませんが、最近(2年前?)神戸でワイングラスと真珠のコラボした商品を見ました。なかなかお洒落なワイングラスで今までとは違うルートで真珠が広まっていくでしょう。
業界の若い方、もっと違う世界に目を向けませんか?業界の重鎮の方、もっと若い方の柔軟な頭利用しませんか?
当社も材料問屋として中々古い体質を拭い去ることは出来ませんが、「守・破・離」この言葉を頭に残して、違う境地が開ける努力をしていきます。

「宮瀬選手、すいませんでした」

 全英オープン終わりました。先に前回の中での間違いのお詫びです。
予選2日目のTV放送で予選カットライン1オーバーか2オーバーと聞いてて、そのまま放送終了まで起きていられなくて寝てしまいました。その時宮瀬選手が3オーバーと聞いてたので、てっきり予選落ちだと思ってました。情報の確認不足ですいませんでした。
又やってしまいましたね。「思い込み」
以前「思い込み」に注意といった本人がこんな次第です。宮瀬選手、すいませんでした。
今回の全英オープンは南アフリカのウーストフイゼン選手、世界的には無名の選手でしたが、
2位以下を大きく引き離しての優勝。昨年のスチュワートシンク選手・トムワトソン選手のプレーオフまでもつれた展開とは違った大会でした。
日本選手の中では石川選手が日本人最高位の成績で終わりました。ホールアウト後のインタビューで「5年後又ここに来ます・・・」のコメント。これって、5年先を見据えての言動なのでしょうか・・・?私たちの業界も5年後まで見据えてビジネス展開したいですよね。
住む世界・戦う世界は違うけど今回のゴルフで感じたのが予選2日目の強風の中でプレイしている選手の凄さ。プロならではなのでしょうが、私には絶対無理だと思いました。
アマチュアは無理でも、プロなら何とかスコアをまとめる。ということは私たちは真珠業界のプロなのですから、この逆風の中をなんとかしないといけないんですよね。
当社もなかなか次の展開が読めないのですが、何をすればいいのか・何ができるのか、もう一度原点に立って考えてみます。
皆さんもまたそれぞれのポジションで出来る最善の方法考えてみてください。

「ワールドカップ」終了

 ワールドカップが終了しました。サッカーを通じて世界中が湧いた一か月でした。
日本チームの決勝リーグでの試合は惜しくも破れましたが、90分を戦って決着がつかず延長・PK戦まで縺れた試合で、まさに惜敗の言葉がふさわしい内容の戦いでした。
日本チームの中にも今回のワールドカップを通じて世界に飛び出していく選手がいます。ぜひ彼らが世界のサッカーを肌で感じて、次回のワールドカップでは更に上位に進める事を期待しています。
決勝はスペインvsオランダ戦。結果はご存じの通りスペインが勝ちましたが、準決勝の辺りから登場したドイツ在住のタコのパウルくん。熱い戦いの中にもほのぼのとした話題を提供してくれましたね。熱狂する中にもユーモラスを交えた話題で、サッカーの話題で国の壁を飛び越して交流できた一か月でした。
さて一昨日から全英オープンが始まりました。確か昨年はトムワトソンが最後まで優勝争いを演じて、史上最高齢の優勝者かとすごくワクワクした記憶があります。
今年は石川選手と谷口選手は予選通過しています。またあと2日睡眠不足が続きそうですが日本人選手の活躍を期待します。

「勝負」

 今日はワールドカップの日本対パラグアイ戦。日本が初めてべスト8に残れるか勝負の日です。
勝負といえば本社の裏口にツバメが巣を作っています。今巣の中に4羽のヒナがいるのですが、そのうちに一羽が巣から落とされてしまいました。かわいそうに思い巣に戻しますがやはり落ちてしまします。私達の甘い感情はツバメの生存競争の勝負には何の意味も持たないみたいですね。
今日の日本の試合、勝っても負けても私達に希望と感動とを与えてくれた日本選手に感謝したいと思います。そしてこの活躍の裏には絶え間ない努力の賜物だと理解して、明日からのビジネスに繋げる糧にしたいと思っています。

「睡眠不足」

 後少しで今日の営業が終了します。今日は睡眠不足の眠さと感動の後の安堵感にはさまれた中での一日、この思いで過ごした方はきっとたくさんいるでしょう。
今朝(夜中)ワールドカップの日本対デンマークの試合見ました。その前のスロバキア対イタリアの試合も壮絶な試合でまさかのイタリア敗戦。しかし前回王者の意地でロスタイムに得点した時はひょっとして同点も・・・。そんな期待も抱かせる熱戦でした。その興奮が覚めやらないまま始まった日本の試合。結果は私を含め沢山の方を寝不足に追いやった日本の勝利。
ワールドカップならではの感動とスリルを味わった2時間でした。
デンマークの監督が敗戦の弁で「彼らは二つのセットプレーをものにしたのだ」と偶然性を強調したコメントともとれる発言ですが、日本のセットプレーは偶然ではなく努力の結果出来たプレイだと思います。特に2点目の本田・遠藤の二人が並んで遠藤がゴールを決めたプレイは普段の練習の成果なのでしょう。きっとデンマークは本田で来ると予想している裏をかいた頭脳的なプレイ。まさに努力と知略の結晶のプレイだと感じました。
よくサッカーの中で「相手の裏をとる
という言葉が使われます。これは卑怯な手を使うではなく相手と違う発想のプレイをさしています。
「相手の裏をとる」「相手と違う発想」ここに私達ビジネスの別の流れがあるのかも・・・・。
次の日本は29日のパラグアイ戦、あのイタリアを予選敗退に追い込んだグループFの一位ですが、臆することなく戦って勝利を勝ち取って欲しいと思います。

「惜敗」

 ワールドカップ、オランダ戦の惜しくも負けてしまいました。TVの前で応援していましたが、やはりオランダの方が一枚上手でした。しかし格上の相手でも上手く組織プレーで戦ってオランダの攻撃をほとんどさせない戦い方はよくやったと思います。
次は25日(金曜日)デンマークと決勝トーナメントをかけた戦いです。得失点差で日本が上回っているので引き分け以上でトーナメントに進めます。是非引き分けを狙うのではなく、勝利する戦いをして欲しいと思います。
最近はワールドカップに目がいってましたが、USLPGAでは宮里藍選手が今期4勝目。現段階でUSの賞金女王。
ワールドカップ・オランダ戦の日本チームやこの宮里藍選手、体力では外国の選手に劣るにも関わらず世界を相手に活躍できるには、普段からの努力と人並み以上の知力があるのでしょう。
私も活躍する選手を見て感動するだけではなく、普段からの努力と智恵をしぼってこの厳しい状況を脱却できるようにしないとと感じました。

「ワールドカップ」

 今日(6月19日)はワールドカップ2010の日本の試合です。初戦のカメルーンに勝利して決勝リーグに進出する可能性が高まりました。今朝NHKの週間ニュースの中で日本チームのカメルーン戦を外国が取り上げている様子を見ました。はとんどが日本が勝ったのを意外みたいな内容でした。5月からの国際試合でことごとく敗戦した日本への評価なのでしょうが、私個人としてはちょっと憤慨。今日は世界ランキング4位のオランダ。決して楽な戦いではないと思いますが、日本選手の検討を祈りたいと思います。
今日は残業もそこそこで切上げて8時30分からTV観戦で日本チームを応援します。

「希望」

 5月、当社の決算セールも終わり何とか一年の決算を終えることができました。前期一年は業界の動向と同じく大変厳しい一年でした。
6月より新しい期に入り今年こそは頑張った成果が出る年にしたいと前向きな希望を捨てずに行きたいと思っています。
「希望」
先週地元のNHKの番組で「スーパーアコヤ」のニュースを見ました。開閉力の強いアコヤ貝は夏場の高水温の時期も死亡率が少ない。そのアコヤ貝を交配させて死亡率の低くて良質の真珠が出来る「スーパーアコヤ」を使った真珠養殖が始まっているとの事でした。
このスーパーアコヤで養殖された真珠が市場に出るのには後2・3年後になるのでしょうか?
ここ数年最悪の状況の中で推移した真珠の養殖にもようやく希望の光が見えてきたのかも・・・。
今期当社も業界の皆さんのお役に立てるよう「希望」を持って努力していきます。

「桜」

 前回「桜」の報告をすると言って5月に入ってしまいました、申し訳ありません。
今桜前線は北海道まで行って、もうすぐ今年の桜も終了ですね。
私の今年のメインの花見は満足度40%でした。花見の時期は間違っていなかったのですが、3月からのいつもより激しかった寒暖の繰り返しで、早く咲いた桜やまだつぼみの桜もあって、すべて満開ではなくバラバラの花見になってしまいました。メインでは満足できなかったのですが思いがけない時期に満開の桜に遭遇しました。4月29日に兵庫県の山間部で満開の桜を見ました。思ってもない場所で今年最後の花見ができました。
来年も又桜を満喫できることを期待して桜に「感謝」。
5月といえば今週から「IJK」が始まります。出展の業者様頑張ってください。
当社は今年も出展はしませんが、昨日(5月10日)から「決算セール」に入りました。恒例となった消費税サービスを初め色んな特売商品も用意しました。詳細はHPをごらんください。ちなみにセールは5月22日(土曜日)まで行いますので、是非のご利用お願いします。

「桜」

今日は4月2日。昨日からはやくも4月に入りました。4月と言えば「桜」の季節、今年も4月4日(日曜日)恒例の桜見物に行きますが、今年はひょっとしたらいいタイミングかも?と期待しています。この日曜日の花見報告は後日行うとして、今日は3月20日、「ひと粒の真珠」で行った「植樹活動」の報告します。
当日は天候にも恵まれ、志摩の横山で桜の木・57本を植樹してきました。植樹をしたと言っても、事前に志摩市市役所の方と地元のボランティア団体「阿児はなの会」さんが雑木の伐採から下草狩、植樹の木の配置までほとんどをしていただいて、私達は最後のお手伝いをしてきました。57本の植樹?少ないかもしれませんが今回な苗木ではなく高さ3メートルほどの桜の木でした。よく植樹活動で見る小さな苗木はほとんどが回りの雑草に埋もれたり、野生動物に食い荒らされてしまうらしいのです。そんな中で今回の桜の木の中にはわずかではありますがつぼみを持った木もあり、後2〜3年もすれば立派な花を咲かせてくれる木でした。その時の画像は後日アップします。
それと今回の植樹活動の後で地元・立神地区で英虞湾再生をおこっている活動も見学してきました。そこで立神地区でこの活動をされている原条氏と三重県水産研究所・渥美氏の話しも聞いてきました。山に木を植えることも大切ですが、それと同様に海の中も手を入れてこそバランスが取れた環境活動になる、という内容でした。
私達「NPOひと粒真珠」も山に木を植えて綺麗な真珠の採れる海の環境を維持したい思いで行っておりましたが、それと同様海の中にも注目しなければいけないことを学んできました。
今回は桜の題から英虞湾の話しに変わってしましましたが、次回の独り言では「桜」特集でまとめたいと思います。

「明日、植樹してきます。」

 明日(3月20日土曜日)、志摩の横山で「NPO法人ひと粒の真珠」で植樹活動行ってきます。
今回志摩市と志摩の地元のボランティア団体「阿児はなの会」さんの協力の元、横山展望台付近の創造の森で桜を植えます。今回は志摩市さんの所有地へ阿児はなの会さんの力を借りて行います。明日に備えて下準備を進めていただいた志摩市の担当者の方、阿児はなの会の皆さんありがとうございます。又「ひと粒の真珠」に協力いただいているひと粒の真珠会員の皆様・賛助会員の皆様ありがとうございます。
明日は当初雨模様との予想でしたが、晴天の元で植樹が行えそうです。明日の植樹の模様はまた後日報告します。
桜といえば今年ももうそこまで桜の季節がやってきました。今年は2月の異常な暖冬で早くなりそうな予想が、3月に入っての異常な寒の戻りでどうなることかと思いましたが、またここ数日の暖かさで一気に開花に向かっているみたいです。
今年は毎年恒例の花見を4月4日(日)に設定しました。今年はやはり例年よりは早そうですが、少し山の上なので調度いい時期に当るかも・・・。
4月4日の花見は日頃の喧騒から逃れて、少し自然に触れてのんびりとした一日を過ごして来ます。是非皆さんもこの時期しか味わえない桜で目の保養をしてみてください。

「F-1グランプリ」

 14日(日)F-1グランプリの開幕戦のTV放送見ました。
昨年はカテゴリーの変更内容についていけずよくわからない一年でした。今年はレース中の給油禁止。ピット作業はタイヤ・パーツ交換位でピットクルーの腕の見せ所は少なくなりましたが、レーサーはスタート時とゴールする時のマシンの特性が全く変わる中で、いかにマシン特性をつかんでゴールするか?タイヤの消耗を防ぎながら速く走るだけでないバランスよくあやつる技術がより求められるシーズンとなりそうです。おまけに今年は過去のチャンピオンが4名。後過去の2位が2名と誰がチャンピオンになるかとても面白いF-1になりそうです。
初戦はフェラーリが1・2フニッシュ。フェラーリファンの私には最高のスタートとなりました。
毎年変更されるカテゴリーで毎年新たな戦いを見せてくれるF-1。ファンを飽きさせない工夫がされているんだと感じました。

「バンクーバーオリンピック」

 2月13日から開催されたバンクーバーオリンピックも折り返し日を過ぎて後半戦に入りました。
日本選手の活躍も実力を発揮して健闘した選手、普段の実力が出せずに残念な結果に終わった選手色々です。あの大舞台で平常心を保って競技するの大変さを感じました。
私個人としてはようやく始まったカーリングに注目しています。前回のトリノで初めて目にしたカーリング競技。体力だけじゃなく知力・持久力・繊細な動き等、すべてがかみ合って初めて勝利を手にすることの競技の面白さを知りました。今日までの女子チームは1勝2敗、今日イングランドと熱戦を繰り広げています。是非今日の試合に勝って予選を無事通過して決勝戦に出て欲しいと思います。
昨日まで頑張った選手の皆様ご苦労様でした。又今日から最終日までの競技を残している選手の皆様頑張ってください。

ご苦労様でした

 「IJT2010」も終わり、早くも2月になりました。
IJT出展の皆様、ご苦労様でした。今回は初日と2日目会場に行ってきました。初日はかなり盛況で多くの出展社のブースも賑わっていました。だだ目立ったのが中年女性と中国の方が多く感じたのは私だけでしょうか?以前は海外のお客様で欧米の方がもっとたくさん目立ったと記憶しておりますが、これも現状の世界経済の流れの一環なのでしょう。
世界の工場と言われて久しい中国が、今度は宝飾品の消費国になっていくのでしょうか?中国の方からはメイドインジャパンは憧れの商品でもあると聞いています。宝飾品もその流れで中国が重要なマーケットになっていくのかも?
IJTが終わりもう2月。今年はアコヤ真珠の浜揚げ相場も昨年以上の価格で推移していると聞いています。競合する中国アコヤの生産量もかなり減少し、昨年の旧在庫品もメーカーからはかなり減少している様子です。
決して宝飾品の販売しよい状況ではありませんが、販売マーケットを多方面に展開していければ違った展開が開ける希望を感じた「IJT2010」でした。

「転ばぬ先の杖」

 「転ばぬ先の杖」でちょっとコネタを。
私の数少ない趣味の中に城跡廻りがあります。忙しくて中々実際の城跡見学には行けないのですが、最近滋賀の彦根城のことでこんな内容を知りました。
彦根城は言わずと知れたお城で国宝指定されている4城のひとつです。この彦根城の本丸に入るには途中、天秤櫓を通過しなければいけません。表門と大手門それぞれの合流点から一度小郭に入って木造の廊下橋を渡ってこの天秤櫓を通って本丸に入ります。実はこの構造が彦根城の考慮された防御線なのだそうです。
本丸に進入されそうな時はこの廊下橋を崩して、天秤櫓の門を閉めれば大手門・表門からのルートが本丸を守る空堀に一転するのだそうです。
彦根城が築城された時代は戦国時代もほぼ終焉して徳川が各大名に威信を見せ付ける時代でこの彦根城では戦いおきませんでしたが、そんな中でも戦いを考慮しての築城がされていたのです。
さらに付け加えれば、彦根城の建造物は近隣の城からいろんな建造物・資材を調達して築城された城で今の時代に通じるリサイクルして造られたお城だそうです。
明日(1月27日)から「IJT2010」が開催されます。この厳しい経済状況の中、出展される業者様、「ご苦労様」です。
今は打って出るのか守って固めるのか、中々方向性が決められない時代です。IJTに出展される業者様も出展を取りやめた業者様も又IJTには出展をされない業者様も「転ばぬ先の杖」を用意してそれぞれの立場で頑張ってください。
最後に一言、ようやく当社の新しいパンフレットが用意できました。この月末から配布をいたします。
少しづつですが商品の品揃えも充実してより多く皆様のお役に立てる掲載内容にしました、是非のご利用お待ちしております。

「1月17日」

 明日は1月17日。いわずと知れた阪神淡路大震災が起こった日です。
この大震災で神戸は壊滅的な打撃を受けました。たくさんの方がこの震災で亡くなり、神戸の町にも地震の爪あとが残り、もう復興は難しいのではという位の悲惨な状況でした。
人的な部分ではなくなられた方、仕事が継続できなくなった方、今でもたくさんの方が負の遺産を引きずっておられるでしょう。でも15年が経ち神戸の町は元通りと行かないまでも震災の爪あともほとんど無くなりました。
そう「不死鳥」のようにです。
1月17日、この日を忘れない催しが神戸を中心に行われます。これはあの悲惨さを忘れないでのメッセージとともにここまで復活を知って欲しい。又頑張ればきっと明るい未来に変われるのメッセージと受け取りたいです。
この震災で亡くなられた方への追悼とともに今を生きる私達の糧にしたいと思います。

「あけましておめでとうございます」

 「新年あけましておめでとうございます」
新年のあいさつには今日で11日が過ぎてしまいました。昨日友人よりいつになったら独り言を更新するのか?と厳しい言葉をいただきました。
「更新遅れて申し訳ありません」この場でお詫びいたします。
今日は11日の成人式。テレビのニュースで各地の成人式の模様が流れています。その中で最近の成人式は新成人になったことを祝うイベントの様相になっているようです。
女性はお洒落な晴れ着にプラスして独自性のファッションを取り入れて、誰よりも目立ちたい。
男性も過去のスーツ姿からは考えられないファッションをして成人式を祝っています。
近年のキーワードは『独自性』なのでしょうか?
私達真珠業界も過去数十年、チョーカーのビジネスが中心でした。それはそれとして業界のメインを外す事はないと思いますが、現在の趣味の多様性に合わせたファッション性のある商品を打ち出していけないのではと思いました。
この27日から東京で『国際宝飾展』が開催されます。そこでどんな新しい商品が並ぶのか?
今年はそんな目線で宝飾展を覗こうかと考えてます。

「今年一年ありがとうございました」

 後2時間余りで2009年も終わります。独り言も11月依頼更新できず申し訳ありませんでした。
2009年を振り返って検証すると、業界にとって大変厳しい一年でした。来年2010年が決して明るい一年であるとは思いませんがその中でも決して希望を失わずに頑張りたいと思います。
個人的には今年一年の最後の最後でささやかな喜びがありました。12月23日・神戸のゴルフ仲間が急に大風邪を引いてメンバー補充の要請がきました。準備不足もありましたが参加しました。前半を終わって50。今日はどうやって100を切ろうかと後半は丁寧なゴルフに専念しました。結果後半驚異的なスコアが出て100はおろか90も切ってしまいました。
そして年末も押し迫った12月30日今年最後のゴルフ。最終18ホール・408ヤードのミドルホールを残してここをパーで上がれば先日のスコアより一打少なく出来るという場面。私の実力ではパーオン出来る確立は25%。このプレッシャーの中でティショットはそこそこいい当たり、残りピンまで175ヤード。今の私のベストの当りで届くには7番ウッド・その7番ウッドを手にして大胆かつ丁寧にピンを狙いました。結果ピン奥5メートルに乗って2パットのパーで23日のスコアを一縮めることが出来ました。
遊びの中でのことですが、何事も最後まで諦めずに最善を尽くした結果だと思います。
来年は1月早々にようやく当社の改定したパンフレットも配布いたします。掲載商品も充実させてより皆様のお役に立てる内容になっています。どうぞ皆様のビジネスにご利用ください。
「今年一年ありがとうございました。そして来年は業界一丸となってこの不況から抜け出す努力をして、自分達の手で良い一年に出来ることを期待しています。」


 

 

「レセプションパーティー」

昨日 (11月3日)ミズノクラシック・レセプションパーティーで「真珠100年委員会」で真珠真珠イヤリング・ピアスをプレゼントしてきました。
レセプションパーティーの中で日米LPGA代表選手8名が壇上に上がり、お気に入りのデザインを選んでの記念撮影。今日のスポニチにそのシーンが掲載されています。
この「真珠100年委員会イベント」も今年で3回目、大会側も伊勢・志摩地区ならではの協力内容との評価で出場する選手の方も楽しみにしてくれてるとのことです。
今年は業界にとって非常に厳しい時期ですが、このイベントに対する評価も上がり昨年以上の協力体制ができました。
昨日までの準備は万全の状態で終了しました。後は大会の結果がどうなるかを待つばかりです。
今年はUSLPGAも日本LPGAも賞金女王争いが目の離せない状況です。出場選手の熱い戦いと、その戦う選手を飾る真珠に注目してください。

「11月といえば・・・」

 本日で10月のセール終了します。セール商品のご利用ありがとうございました。
今回セールアイテム5種類用意しましたが、予想以上に販売した商品・予想以下の販売しかできなかった商品、調度半々でした。中々業界のマインドは上がらないのを痛感しました。
10月も今日で最後、明日から11月。  11月といえば・・・「ミズノクラシック」
今年も真珠業界頑張ります。
2007年から始まった真珠業界と女子プロゴルフ大会のコラボレーション。今年で3年目です。
内容は2007年・2008年とほぼ同じですが、関西地区で放送されるMBSのミズノクラシックの宣伝に写る選手のほとんどが昨年真珠着用選手の画像ですよ。特にエンディングに写る藍ちゃんは画面全体のアップ画像になって、耳もとの真珠のピアスがはっきりわかります。
これでどの様な宣伝効果になるのか判断はできませんが、何かプラスに働きかける案ありませんか?11月になったら「ミズノクラシック」のHPにも真珠の付いたネームタグのプレゼントコーナーがアップされます。目立たない所ですが地味ーにコツコツ真珠のPR活動しています。
2007年は上田桃子さんの「アルバトロス&優勝」。その彼女の耳もとに輝く「桃色ピアス」。超まぐれでしたが話題になりました。
昨年も優勝した申ジエ選手の耳もとにも真珠ピアスが光ってました・・・。が一昨年程の話題にはなりませんでした。
2007年も2008年もかなりの有名選手の耳もとで真珠は輝いていました。他のどの大会よりも真珠が登場する大会です。あと一押しじゃ無理でしょうが、このコラボをもっと先に繋げるイベントに発展させたいです。
今年は11月5日(金)6日(土)7日(日)に開催されます。ぜひ皆さんも時間があれば賢島カンツリーに行って選手の活躍とその選手をより輝かす真珠を見てきてください。大会を見に行けない方も土・日のTV中継を見て選手の耳もとを飾る真珠を探してみてください。
昨年は温暖な伊勢志摩地方ではありえない真冬の大会でした。今年は昨年の様な寒い大会にならずに、選手が耳を隠さずにそしてその選手の耳もとに輝く真珠がはっきりと判る天候であることを願います。そして出来れば最終日スコアボードの最上位を飾る選手の耳元には真珠が・・・。とより願います。

「真珠祭り」

 今日10月22日は志摩市賢島で「真珠祭り」か開催されています。
真珠に携わる方が真珠の誕生の瞬間一生を終える「アコヤ貝」に、感謝の念を込めて供養を行う行事です。他にも海上パレードやアコヤ貝の放流等盛りだくさんな行事も行われます。
長く業界にいて理由も知らずにいましたが、その他にもなぜ毎年10月22日に開催されているの?なぜ賢島なの?
開催日に関しては22の左側の数字を逆さにすると「アコヤ貝」の形に似ているのでこの日になったそうです。でもなぜ10月?又調べておきます。
開催場所に関しては、真珠養殖が初めて成功した「多徳島」の対岸ということでこの場所になっているようです。
知ってるようで知らないことがまだまだたくさんありますね。今日は今から神戸への移動で「真珠祭り」を見にいけませんが来年は是非いって検分を広めてみたいです。
ここで思ったのが「業界の常識は、一般の非常識」。もっと真珠業界は一般の方にいろんな情報を提供してかつ一般の方の考えを吸収して前向きに行かなければ・・・?
目線は広く持って大局で判断しないといけないと感じました。

「10月のセール」

 9月も終わり今年も後3ヶ月となりました。景気も中々上向きにならずに私達真珠業界も苦境から抜け出せない状態が続いています。
当社も何か妙案があればいいのですが、中々打つ手がなく苦戦続きです。
そこで少しでも業界の為になればと「10月のセール」をを行っています。これからの販売商戦に向けてSVブローチ。ネックレス留め具のマグピタ・パックマン・クリップクラスプ。かわいいキャラのSV動物タックシリーズ。SVブローチ・SV動物タックシリーズ以外は10月いっぱい数量限定無しで行いますので、是非ご利用ください。
詳しい内容は当社HPにもアップしてありますので、一度ごらんになってください。
又年末12月は別の企画を予定しております。こちらは現在内容を企画検討中です、詳しい内容はHPに掲載しますので、年末の当社のセールもご期待ください。

「夢みる真珠展」

 9月5日から神戸・真珠会館内で「夢みる真珠展」が開催されています。
主催PCK協議会で、県・市行政と日本真珠振興会・日本真珠輸出組合等の後援・協力の元、
今回は「感性価値創造ミュージアム」のイベントの一環で真珠業界として一般の方に真珠から見る夢をテーマに9月13日までの会期で残すところ後2日間となりました。
内容は「真珠の夢」と題して服飾の中に素材として真珠を使用した服の展示。日本茶と真珠のコラボレーションした日本茶カフェ。一般の方に真珠を身近に感じていただける「マイ・パールツアー」。PCK参画企業有志の期間限定ショップ等、ここを訪れていただいた方に真珠の魅力を感じていただく内容となっております。
先週土・日の来館者が約500名、月曜からの平日の来館者が約500名で述べ約1000名の方
が真珠を身近に感じて帰っていただきました。
明日・明後日の2日間、PCKスタッフの方、ご苦労様ですが少しでも多くの方に「真珠の魅力」を語ってください。

「審判」

 昨日衆議員総選挙が行われました。結果は選挙前の予想通り与党惨敗という結果になりました。この結果も自公の行ってきた政治に対する国民の審判なのでしょう。
自公両党にはこの審判の結果をよく検証して、国民の立場にたった政治は何なのか?もう一度原点に戻って考えて欲しいと思います。
以前の「検証」では選挙のことに少しだけ触れましたが、私の思う理想は国民目線にたった政策を行える政党による政治です。それぞれの政党が切磋琢磨して、より国民目線にたった政策を実行して欲しいと思っています。
又、今回政権をとった民主党もこの結果を実力と評価するのではなく、国民目線にたった政策を実行して欲しいと思います。
「検証」 改めてこの言葉の重要性を感じた一日でした。

「感動」

 8月はいろんなスポーツで感動しました。8月9日は女子プロゴルフ大会のアクサレディース大会、日頃から応援している上田桃子選手のプレーオフからの優勝。中でもプレーオフで優勝を決めた上田桃子選手のセカンドショットがピンにまっすぐに進んであわやイーグル・・・。あの場面でこのショットが打てる桃子さん。この調子でアメリカでも近い内に優勝してくださいね。
続いてのゴルフネタで一昨日のCAT ladiesでの諸見里しのぶさんの優勝。2007年のミズノクラシック以来、桃子さんとしのぶさんの大ファンになった私には、嬉しい優勝でした。
ちなみに昨年のアクサでは諸見里しのぶさんの優勝。2年続けて同門の選手での優勝でした。
8月15日からはベルリンで行われた世界陸上。中でもボルド選手の100mと200mの世界新は凄かったですね。
日本人選手も最後に女子マラソンと男子槍投げで銀メダルと銅メダル。体力で劣る日本人選手の活躍に胸躍りました。
そして最後が昨日の高校野球。9回2アウトからの日大文理の驚異的な粘りには、夕方のニュースで中京大中京の優勝がわかっていたにも関わらず、夜の熱闘甲子園に見入ってしまいました。優勝した中京大中京に負けるとも劣らない日大文理の選手の健闘には筋書きのないドラマだからこそ与えられる感動に酔いしれていました。解説者の方も歴史に残る名勝負の連呼でした。
優勝した中京大中京の選手には「優勝おめでとう」の言葉を、惜しくも準優勝の日大文理の選手には「最後まで諦めない強い気持ちを教えてくれてありがとう」とエールを心の中で送っていました。
何事にも最後まで諦めない。その先にはきっと感動が待っていると教えられたこの8月のスポーツ月間でした。
9月は私達業界にも香港での展示会。当社は香港へは出展いたしませんが、日本から出展される業者の方には、厳しいと言われる中でも諦めずに頑張ってきて欲しいと願っています。


「検証」

 「8月15日」が近づいて、最近TV番組で太平洋戦争時の検証番組が放送されています。
当時の軍部は作戦の具体的な計画もなく、軍部と実行部隊の意志疎通も図られず多大な犠牲を出して敗戦に向かっていきました。
良く聞く話で太平洋戦争の転機となった「ミッドウェイ海戦」で日本が敗退したのは、偵察機の飛び立つ時間が後30分遅かったからだと言われていますが、あの作戦が立案された時に作戦も持つ戦略性がほとんど検証されずに、「真珠湾攻撃」を成功させた山本五十六の案だからで通ってしまったそうです。
当時の作戦を聞いた実働部隊の本音は3ヶ月、せめて1ヶ月は遅らして訓練の時間が欲しいと熱望したそうです。
この海戦でもし勝っても結果がどう変わったかはわかりませんが、それよりも閉鎖された情報で無謀な戦いを続けた当事の軍部のおろかさははかりしれません。この敗戦がきっかけとなり尊い人の命を犠牲にする特攻に走っていったのです。
この事実は現代に生きる私達にも大きな教訓を与えてくれてると思います。
ビジネスの中でこれからの展望を良く見据えてあらゆる角度から検証し実行する。結果がもし思うようにいかなければ再度検証して次の展開を考える。そこには閉鎖された中での情報ではなく開かれた中でお互いが情報を共有して物事を推し進める。
この事柄は私達の直近のビジネスにも生活を大きく左右する政治にも当てはまると思います。
この8月30日は衆議院の総選挙があります。私はいま誰に投票するか?どの政党にするか?まだ決めていませんが、過去(私が選挙権を取得してから)の政治が何をしてくれたか?何が不足しているのか?良く検証して投票しようと思っています。
最後に先の太平洋戦争で犠牲になった方々のご冥福をお祈りして、今後の私達人類が平和に楽しく生きる事を願います。

「7月セール」終了

 7月のプラチナリング・A-1のセール販売終了しました。たくさんのお客様よりの問い合わせ・ご注文いただきありがとうございました。尚プラチナリングに関してはセール早々に完売欠品した商品もあり、大変ご迷惑をおかけしました。改めてお詫びいたします。
今後、秋から年末にかけて商品入れ替え・新製品取り扱い等お役に立てる情報発信&セールを行う予定です。秋からのイベント情報楽しみにお待ちください。
7月は個人的な興味で寝不足が続きました。全英オープンのTV中継それと今開催中の全英女子オープンと世界水泳選手権のTV中継、いずれも深夜放送で筋書きのないドラマの感激と感動を味わいたくてついつい寝不足になってしまっています。
中でも全米のワトソンの活躍に胸躍らされました。メジャー最年長優勝を後一歩の所で逃しましたが、飛距離と正確性が求められる現代ゴルフの中で、飛距離では大きく劣りながらも確実にフェアウェイを捉えるドライバーショット、実力を持っている多くのプロが難コースの罠にはまって崩れていく中で、それを跳ね返す強い精神力、随所にベテランの技を駆使して私達ゴルフファンを楽しませてくれました。
私達真珠業界も売れない時代が長く続いていますが、過去に培った実績と新しい取り組みを駆使して、この多難な時代を潜り抜けて欲しいと願っています。
当社もその中で今以上に…お客様に約立つ努力を続けていきます。

「申し訳ありません」

 7月から当社が行っているセールでご迷惑をかけて申し訳ありません。
Ptリング、20型各5本ずつ100本用意してセールのお知らせをしましたが、予想以上の反響でセール開始一週間で7型が完売してしまいました。
この販売不況の中でまさかこんなに早く欠品になると予想してなくて、問い合わせいただいたお客様には大変ご迷惑をかけている次第です。現在完売した商品については、現状のプラチナ相場価格では不可能な価格となってしまいましたが、7型の内6型ではありますが極力セール価格に近づける努力をして販売が再開できるように準備しております。
6型の商品の入荷は7月中頃から後半になりますが、もし現状の完売品の中でご興味があるお客様がいらっしゃれば、当社スタッフまで声掛けお願いします。
それとこの「独り言」の更新も5月から止まったままでした。中々書くネタが見つからず・・・というか時間の余裕がなく、気付いた事を整理する時間がありません。
なんとかこの不況を乗り切ろうと頑張っていると言えば聞こえがいいですが、不況の出口を模索するのにウロウロしてるのが実状です。
又明るいネタ、頑張れるネタ、約に立つネタ色々探して更新に努めます。

「決算セール」

 「決算セール」のお知らせです。
今年はIJK2009に出展をいたしません。昨年までは毎年IJK出展に合わせて消費税サービス・その他特値商品の販売を行っておりました。
今年はこのサービスを昨日(5月11)より5月23日までの2週間の間「決算セール
として行います。内容はこの2週間の間の消費税サービス・特値販売商品等多数用意しておりますので、是非この機会をご利用ください。
尚、特値販売の主な商品は「マグピタ」「A-1クラスプ」「たまごクラスプ」「Ptリング」「アローカタログ商品全般」その他色々取り揃えております。中には数量限定商品もございますので、早い機会に来店もしくは問い合わせいただいて皆様のご利用お待ちしております。

「毎年恒例の花見」

 4月5日、毎年恒例の桜の花見に行ってきました。伊勢市内に桜が丁度満開を迎えていたので、お目当ての桜は7分〜8分位ので見れるかと期待して出かけましたが、お目当ての桜の満開は過ぎて葉桜になっていました。
つくづく自己都合(私の日程で決めた日)と自然とは合いにくいことを痛感しました。
葉桜の写真では意味がないので、今朝本社近くの大きな桜の写真を撮ってきました。こちらは今日が丁度満開で一番綺麗な姿を見せてくれてます。
毎年この時期に心を和ませてくれる桜に感謝しつつ、今年の桜の花見報告は終了します。

「花見」

 3月の更新も出来ずに4月になってしまいました。4月前半は桜ネタで更新頑張ります。
今年は暖冬の季節で桜の開花が例年より早くなると言われていましたが、本社のある伊勢ではほぼ例年通りの桜の開花状況です。私もここ数年恒例となっている花見を4月5日に予定してます。昨年同様いいタイミングで花見が出来そうですが、今年は天候に恵まれそうにありません。週末の天候がよくなることを期待してこの5日を楽しんできます。この日桜が綺麗に咲いてたら、桜のベストショットを掲載します。
後、本社から徒歩1分の所に私が思う一押しの桜があります。こちらの桜も今3部咲きでこの週末には満開になりそうです。この桜の写真も披露しますので楽しみにお待ちください。

「ピンチはチャンス」

 昨夜NHKの深夜番組で農業・水産業の特集番組を見ました。番組名は忘れましたが、今高齢化が進んでいる農水産業に若年層の人達が真剣に取り組んでいる番組内容でした。
次世代の担い手が少ない農水産業へ自然の中での仕事に憧れた若者が取り上げられていました。日本の農業が崩壊寸前の中でそこに飛び込み頑張ろうとする若者達の姿に明るい未来を感じました。
今年の真珠産業(養殖業)は大変苦難の時代を迎えましたが、聞いた話では中国のアコヤ養殖業者は日本の業者以上の打撃を受けて撤退するそうです。後、南洋真珠も最近の価格動向では養殖の採算に合ってないようです。
このままの情勢が続けば、世界の真珠養殖業も減産を余儀なくされます。その時こそ日本アコヤを再認識できるチャンスではないでしょうか?「ピンチはチャンス」ピンチの時に何も出来ないではなく、ピンチの時こそ次の時代に備えた準備をしなくてはいけないでしょうか?
私達流通業者も売れないと諦めるのではなく、この購買意欲の減退した時代に次の準備に備え、少しでも上向きの流れを作り日本のアコヤ養殖業者再生の一役を担ってあげたいと思います。

「もう2月」

1月もあっという間に終わり、もう2月。独り言の更新もせず1月が過ぎてしまいました。
1月は神戸でのPCK・親睦会合同の新年会に始まり、東京で開催されたIJT・毎日放送(ミズノクラシック関係)との新年会・そして真珠100年委員会の会議等ハードな一ヶ月でした。
IJTは昨今の経済状況の中での開催でかなり厳しい状況でした。その中で主催者であるリードエグジビションが過去最高の来場者で大盛況の中で終了しましたとの報告。
この声に疑問を抱いているのは私だけなのでしょうか?どの業界も厳しい中でリード社も展示会のあり方を一考する時期であるのではないでしょうか?
昨日から2月伊勢本社の近くの梅が満開になっていました。人間社会がどう変化しても自然の摂理は正直なもので、季節ごとのいとなみは正確に繰り返されてます。その自然な正確さを乱す現況が人間社会であるように感じる今日この頃です。
特に日本の政治も早く正常(何をもって正常かは決められませんが)の状態に戻って、国民目線で考える政治に戻って欲しいと思います。それまでは今しばらくは我慢の時代が続くのかも・・・
2月から当社ではマグピタクラスプのキャンペーン販売を行います。新製品も増えて価格もお値打ちに設定しました。今後も企業努力を行って業界の皆様のお役に立てるよう努力いたします。ぜひ皆さんもこの苦しい時代ではありますが頑張ってください。

「ありがとうございました」

 今日(日曜日)大掃除をして今年の仕事終わりました。一年を振り返って、真珠業界にとって大変苦難の年だったと痛感します。来年の希望をと前向きに考えることができるのか?と自問するこの頃です。そんな中で今朝のNHKの番組「ルソンの壷SP」を見てたら松下幸之助の言葉が出てきました。「好況よし。不況、なお良し。」好況な時は業績も上げやすいが、不況の時は好況の時以上に努力して伸ばす努力をすれば未来が展望できる・・・。ややもすれば折れてしまう今日この頃ですが、この言葉のように大変苦しい時代だからこそ今まで以上の努力をして、新たな来年を迎えたいと思います。
「今年一年どうもありがとうございました。」

「伊勢志摩スーパースキンズマッチ」

 12月21日(日曜日)浜島カンツリーにて「伊勢志摩スーパースキンズマッチ」の収録作業に立ち会ってきました。ミズノクラシックで協力・協賛した流れで今回の企画に商品提供で協力しました。番組の内容は上田桃子・服部真夕vz佐伯三貴・李知姫で7ホールのホールマッチで4ホール先勝したチームが優勝する内容で行われました。
優勝チームは・・・・・。番組の中で提供した真珠製品は選手登場と同じ位のインパクトで紹介されます。その中で選手の方々が真珠を前にしたコメントがあります。このコメントの中には真珠に対する女性の素直な気持ちが現れています。是非番組を見ていただいて、彼女達の言葉から真珠業界の未来を見いだしてください。
又どちらのチームが優勝したのか?それぞれの選手が番組の中でどんな楽しいコメントを発言したか、こちらも楽しみに見てください。
この内容は関西地区と中部地区で12月31日(水曜日)に一時間番組で放送されます。
関西ではMBSで午後3時から、中部ではCBCで午後4時半から放送します。年末の忙しい時期ですが、大掃除の手を休めて(そんな時期に掃除するのは私位でしょうが)是非ご覧ください。

「真珠の物語の生まれる部屋」

 12月9日(火曜日)から神戸真珠会館にてNEO PEARLが「真珠の物語が生まれる部屋」のタイトルで期間限定ショップを開いて真珠製品の販売を行っています。ファッション性・デザイン性に跳んだ、従来宝飾品のカテゴリーからは少し目線を広げた商品を中心に販売していますが、予想以上の反響で連日100名以上の方が来場されて、商品補充が間にあわない状況です。神戸のリミナリエ効果、それに合わせたPCKのパールミュージアムとそれに続く今回の期間限定ショップ。メディアもニュースで取り上げてくれて、それぞれの相乗効果が重なり今の状況になったのかも・・・。中でも現場を見て一番痛切に感じたのが、スタッフの対応。
販売している商品の平均単価が10,000円。宝飾品としては低価格帯ですが、買い求めに来られている方にとっては同じ真珠製品。決して高級素材(プラチナ・金)に頼らずにデザインで真珠の良さを引き出した商品を専属スタッフが懇切丁寧に対応している姿が印象的でした。
ネット中心のビジネスが主流の現在でも、商品を手に取っていただき、商品説明を含めた丁寧な対応が大切なんだと思いました。

「パールミュージアム」終了しました。

 12月4日から7日まで、神戸真珠会館にて開催した「パールミュージアム」終了しました。
昨年は1000個の真珠を使ったツリーを中心に行いましたが、今年は明石海峡大橋(パールブリッジ)開通10周年を記念して、「パールブリッジと月の雫」の題でからくり人形を製作・展示しました。後真珠の歴史等の展示物とミニコンサート・パールツアー等、盛りだくさんの内容で真珠のPRに努めました。会期中の入館者は4,066名。中でも土曜日・日曜日に行ったパールツアーでは、80名程の参加者がいて真珠の歴史・神戸と真珠の関わり等の説明を熱心に聞き、真珠を使ったアクセサリー教室では、真珠の穴開作業を行い楽しい時間を過ごしていただきました。
ツアーの中で一般ユーザーと接する機会が持てたことは、とてもいい勉強になりました。中でもツアーの最後に「何か質問ありませんか?」と投げかけると、普段疑問に思ってもどこに聞いていいかわからないことをたくさん聞きました。「花珠」「普段のお手入れ」「購入する注意点」等。これらの質問に丁寧に答えると皆さん納得されて「ありがとうございます」と逆にお礼を言われてしまいました。このやりとりの中で私達真珠業界の情報伝達不足を痛感しました。
ここに真珠の明るい未来が隠れているのではと思ったのは私ひとりだけでしょうか・・・。

「パールミュージアム」

 12月4日(木曜日)から7日(日曜日)までの4日間、神戸の真珠会館にて「パールミュージアム」が開催されます。主催PCK協議会、共催:神戸ファッション協会・神戸市・NPOひと粒の真珠・神戸パールミュージアム運営委員会、後援:日本真珠振興会・日本輸出組合・本州四国連絡高速道路と真珠業界と行政がコラボして、ルミナリエ開催初日から神戸と真珠の関わりを中心に真珠のPRを行います。昨年は1万個の真珠を使ったパールツリーを中心に行われたイベントですが、本年はパールブリッジ(明石海峡大橋)開通10年を記念して「パールブリッジと月の雫」の題でからくり人形を作成して一般公開します。開催4日間はPCK製作の展示物以外にパールツアー・ミニコンサート等内容盛りだくさんにして多くの方に真珠の魅力を知っていただく4日間にしようと、PCK協議委員が中心となって最終準備を進めております。
是非この4日間に真珠会館近くにお越しのおりは日本真珠会館を覗いてください。

検証・ミズノクラシック

ミズノクラシックが終わって一週間が経ちました。土曜日・日曜日のTV中継の録画をまだ見てませんが、この大会の裏話をひとつ・・・。
今から10数年前、女子ゴルフ界はどん底状態にあえいでいたそうです。人気選手不在・テレビ視聴率低迷、急激なスポンサー離れ・・・。そんな中、女子プロ協会・樋口会長が女子プロたちの意識を変えるべく叫んだ言葉、その言葉は「プロ意識を持て」
女子プロは誰に支えてもらっているのか?それはスポンサーであり、ギャラリーであり、大会ボランティアではないか。その皆さんに対する感謝の念。それこそが「プロ意識」なのだと・・・。
それを樋口会長は選手一人一人に徹底的に教育して、今では若手からベテランまでその意識が浸透したとのことです。その表れがTV中継ではほとんど出ることの無いファンサービス。
ギャラリーへのサイン・握手はもちろん、ファンとの記念撮影会・選手グッズ販売等のチャリティーイベントなど、選手自ら先頭に立ってのファンサービスに努めることが、会場に足を運んだギャラリーにとって選手を身近に感じて、とても”トクした”気分になる。それが又次の大会につながってゆく。今の女子プロゴルフ界の人気の中にはそんなどん底から這い上がった背景あったのです。これは今の私達真珠業界にも見習うべきことではないでしょうか?
誰のための真珠?それはそれを身に着けて、喜んでいただける一般ユーザーのための真珠でなければないのでしょうか?そのためには一般ユーザーを惹きつける魅力ある真珠、又それに繋げるプロ意識が必要なのではないかと樋口会長の言葉から感じました。

「ミズノクラシック」終了

 「ミズノクラシック2008」無事終了しました。レセプションから始まって大会終了までの6日間、真珠が一般の方の目に触れた場面が多々ありました。
レセプションではプレゼントされた真珠ピアス・イヤリングを着装しての記念撮影、大会前からのプロアマ大会から本戦までずっと着けてくれた上田桃子さん。今年は不調でいまいちの成績でしたが、すごく真珠に気を使ってくれてました。大会中は17名の選手が着装してプレイしてくれました。延べで28名です。
着装していただいた選手の皆さんは、H,J,チョイ・レーチェルヘザリントン・朴仁妃・佐藤靖子・斉藤裕子・服部真夕・藤田幸希・佐伯三貴・有村智恵・大山志保・茂木宏美・諸見里しのぶ・上原彩子・三塚優子・宮里藍・申ジエ・上田桃子、以上の選手の方々でした。
今年の大会は天候に恵まれず3日間寒い毎日でした
そんな寒い中でも耳を出してプレイしていただいた選手の方に感謝します。
まだメディアのチェックはできていませんが、2日目・最終日のTV放送の中で上位の選手が真珠を着装して映ったと聞いています。又今年も最終日に優勝した申ジエ選手も着装してくれてました。ちなみに彼女が着けていたピアスは今回上田桃子さんが選んで着けてくれたピアスと
同じデザインです。本年もここまでの段取りはできました。これを生かすも殺すも業界の皆さんにかかっています。ぜひ少しでも販売に繋がる知恵を絞ってください。
今回のイベントに協力協賛していただいた業者様各位、又後援していただいた志摩市・後援並び基本予算を割いていただいた日本真珠振興会にお礼申し上げます。
又真珠のPRの一環として当イベントに協力していただいた毎日放送・ミズノさんには熱くお礼申し上げます。最後に選手の皆さんどうもありがとうございました。

「ミズノクラシック初日」

 今日からミズノクラシック、朝から小雨の残る寒い天候の中、選手の皆さんのプレイが始まりました。後半は天候も回復し明日は今日より良いコンディションで行えそうです。
今日は7名の方がプレゼントピアス・イヤリングを著用してプレイしてくれました。7名の方は大山志保選手・茂木宏美選手・有村智恵選手・諸見里しのぶ選手・上田桃子選手・藤田幸希選手・上原彩子選手です。
昨年初日が3名でしたから、選手の中で少しは真珠ピアス・イヤリングが浸透したのかも・・・。
ピアス・イヤリングを着用していただいた選手の方「ありがとうございました」又今日の悪コンディションでプレイされた選手の皆さん「ご苦労様でした」
明日と明後日はTV放映もありますので、番組の中でどれだけの露出度があるか・・・
今日以上に選手の皆さんが着用しての活躍を期待します。

明日から「ミズノクラシック」

 明日からミズノクラシックが始まります。今日賢島カンツリーに行って解説の岡本綾子さんに会ってきました。明後日からの大会放送の中で真珠のコメントを語っていただけそうです。どんなコメントを語っていただけるか楽しみです。
それと今日現場取材して新聞記者からの情報では日本人の有名選手が真珠100周年委員会からプレゼントされたイヤリング・ピアスを着用してプレイしてくれるそうです。
ミズノクラシックを観戦される方又TV放映を見られる方がいれば、目を凝らして観戦してください。
明日からのミズノクラシック、今年はどんな露出があるか、イヤリング・ピアスを着用した選手の活躍を祈ります。

「ミズノクラシック・前夜祭」

 昨年「真円真珠発明100周年を記念して、ミズノクラシックに協賛したイベントを今年も行います。そのイベントの一環として昨日(11月4日)ミズノクラシック前夜祭へ行ってきました。
前夜祭の中で日米代表6選手に真珠ピアス・イヤリングのプレゼント。ここでハプニングが・・・。
代表6名が並び端から横峰さくらさん・飯島茜さん・上田桃子さん・・・、の順で司会の方が「さくらさんからどうぞ・・・」さくらさんが「えっ、私から・・・。」まずさくらさんが選び、茜さんが選び、桃子さんの時「茜ちゃんのがいい。」当団体のプレゼンターが一瞬固まってしましました。小声で「同じデザインちゃんと用意してあるので、後で交換します・・・。」ひとまず別のデザインを選んで記念写真を撮った後、すぐに交換。事なきを得ましたがお気に入りのデザインが重なる想定はしていませんでした。金曜日からの大会で今年は誰が優勝するでしょうか?又その優勝選手の耳にはピアスが・・・。金曜日からの大会は現場に行って選手の活躍と耳を見てきます。

「賢島カンツリー」

10月12日(日曜日)賢島カンツリーで仲間とワイワイ楽しいゴルフをしてきました。
来月開催のミズノクラシックに向けて準備も進んでいるようでした。ラウンドして感じたのですが、グリーンが硬くて私のレベルでは珠が止まりません。これが大会当日にはもっと硬くしてグリーンを刈り込むでしょうからどんな設定になるのでしょうか?こんな中でバーディで上がっていく女子プロ選手のレベルに関心しました。
それとロングホールには昨年の大会で第一打飛距離上位の選手のボール位置と名前の入ったプレートが置かれていました。7番ロングホール上田桃子さんの第一打は250ヤード、ここから残り235ヤードの第二打が直接カップインしてアルバトロス。私の第一打はは200ちょっとしか飛ばず、二打が山の中腹、三打は謝ってフェアウェイに戻すだけ、結局このホール5オン1パットのボギーでした。ここだけで彼女に4打も離されたのか・・・やっぱりプロは凄いですね!
この日は私的には硬くて止まらないグリーンと中々入らないパットに悩まされた中て90そこそこで回れたのは満足でした。それよりも賢島カンツリーを回って感じたことは、各ホールで去年ここではあの選手がこうだったとか頭に浮かべて仲間と話をしながら回ることでより楽しいゴルフをすることが出来ました。
賢島カンツリーとミズノクラシックのコラボレーシュヨンが上手く成功した結果だと感じました。
昨年は真円真珠100周年で、真珠業界もミズノクラシックに協賛して少しは真珠のPRが出来ました。本年も昨年同様に協賛してより真珠のPRに繋げようと各担当者が努力しています。
是非、今年のミズノクラシックに注目して真珠業界が協賛していることを皆さんの販売トークに利用して啓蒙・販売に繋げてください。

「大羽副社長の言葉」

 先日、桃色ピアスのロイヤティの支払いで、江連忠ゴルフアカデミーに行きました。
そこでゴルフアカデミーの大羽副社長と話しをして一番印象に残った言葉です。
「言い訳の言葉を考えない」大羽副社長が常々アカデミーの方達に話している言葉だそうです。目標に届かない思い通りに進まない時
ほとんどの人は出来なかった言い訳の言葉を捜そうとする。そしてほとんどがその理由を他人のせいにしようとする。出来なかったらなぜそうなったの分析は大切だけど、出来ない事をどうすれば出来るか?他の方法はないのか?前向きに考える気持ちが大切じゃないですか?皆さんその努力をされていますか?
頭を殴られた感じでした。今真珠業界が未曾有の不況に喘いでいます。その中で一番の理由が景気が悪いから、それは根本的に私達の力では解決できない問題です。でもその中で何をすればいいのか?もっと知恵を絞らないといけないのでは・・・。
もうひとつ副社長の言葉で。
「この事務所汚いでしょう。でもに来た方が来て良かった、又来ますねと
喜んでいただけるここはそんな世界にしようと努力しています。」
これもその通りでした。お客様が喜ぶことが次の新しい展開に広がる方法のひとつなのでしょう。最後に少し嬉しい報告を。
アカデミーで諸見里しのぶさんに会いました。8月10日のアクサレディースゴルフ大会で、昨年ミズノクラシックでプレゼントした真珠のイヤリングを使ってくれました&優勝。彼女の口から「ありがとう」の言葉が・・・。こちらこそ「ありがとう」でした。
今年のミズノクラシックでも彼女は間違いなく出場すると思います。今年も真珠業界からのプレゼントをしますが、又彼女が付けてプレイするかも・・・。何かいいPRにもっていければいいですね。

「野口みずき」選手

 8月7日の北京オリンピックの開会式の放映の後、NHKで野口選手の特集番組を見ました。
野口選手は当社の本社所在地にある伊勢市出身で地元の高校卒業ですが、前回のアテネオリンピックの少し前まで、ほとんど野口選手の存在を知りませんでした。高校生の頃は全然目立たない選手だったけど、誰よりも練習熱心な選手だったとか、社会人になって藤田監督の門を叩いた時も誰よりも走ることが好きな自分を訴えたとか、初めて野口選手のバックボーンを知りました。
アテネで金メダルを取ったのには、野口選手の独特な走りが幸いしたこと、今回の北京ではその走りがフォームでは通用しないこと、その為に体を鍛えなおしフォームを改造したこと、それが昨年の東京国際女子マラソンで実証され今回の北京オリンピックの代表選手になれたこと。
凄い努力をして今の野口選手があることを知りました。野口選手の言葉に「走った距離は裏切らない」の言葉がありました。まさに人一倍の努力をした野口選手らしい言葉だと思います。
北京オリンピックの開会式翌日に野口選手の体調不良のニュースがありました。後一週間で体調が戻らないかも・・・。この一週間での体調の回復を祈ります。もし体調が戻らずに結果が出せなくても、野口選手にの努力に敬意を払って「ご苦労様」と伝えたいです。
それと私も野口選手の努力を見習って、結果はどうであれ努力することが大切だと感じました。


 

「ゆっくり寝ました」

 昨晩、久しぶりにゆっくり寝ました。全英女子オープンの4日間は毎晩3時までTVにかじりついてました。おかげで日曜深夜のF1も見るの忘れてました。
全英女子オープンは日本選手の活躍に満足&残念。優勝は韓国の申選手でしたが、不動さんが3位・藍ちゃんが5位・上田桃子さんが7位。日本選手の健闘が目立った大会でした。
TV観戦で4日間の各選手のペリングも凄かったです。アニカ・オチョア・ウェブ・デービス・クリーマー等LPGAの名だたる選手と日本の選手がラウンドしてました。きっと日本の選手達にも勉強になった大会だと思います。
日本の選手を見て見習はなければと感じたのですが、私達も新しい販路へチャレンジする気持ちが大切だと感じました。

「眠れない夜」

 今日から8月、7月の半ばから「眠れない夜」が続いてます。ただでさえ寝付きにくいのに7月17日から20日まで全英オープン、昨日から全英女子オープンが始まりずっとTV中継に見入ってました。
全英オープンは大ベテランのグレックノーマンが上位に食い込んで、最終日の前半まで優勝争いにからみましたが後半に崩れて、昨年優勝のパドレイク・ハリントンが昨年に続き2連勝。日本の選手は全員予選落ちで残念な結果でした。
昨日から始まった全米女子オープンは日本の上田桃子選手と不動裕理選手が2位と好位置で初日を終えました。最終日までこの位置をキープして是非この二人で優勝争いをして盛り上げて欲しいです。
この大会が終了すると、上田桃子選手が日本ツアーへの復帰と言ってました。昨年の女王が日本に戻って、又女子ゴルフが一段と盛り上がるでしょう。
今年もミズノクラシック、真珠団体でPRイベントに絡みます。今年も第二の「桃色ピアス」が出現することを願って、あと3日間日本人選手の活躍を願ってTV中継楽しみます。

「パールミュージアム」

 6月、神戸の真珠会館で「パールミュージアム」を開催しました。
このイベントにボランティアで参加いただいたPCK会員・日本真珠輸出組合の皆様、ありがとうございます。&ご苦労様でした。
一ヶ月の延べの来館者数が1,000名、中でも土・日のイベントのパールツアーに参加いただいた方は213名。この213名の方には真珠の歴史・神戸と真珠の関わり・世界で採れる真珠等の説明を業界ボランティアの人間が丁寧に説明し、パールカクテルを飲み、カクテルに入れた真珠を使ったアクセサリー教室の体験等、盛りだくさんの内容で真珠に触れていただきました。
真珠の説明の中では皆さん一生懸命耳を傾け、パールカクテルはクレオパトラになった気分で楽しみ、アクセサリー教室では人生初体験の真珠穴開け作業や、慣れない加工を行なって自分の手で作った真珠アクセサリーをお土産を手に、楽しい時間を過ごしていただきました。
このパールツアーで感じたことですが、私がビジネスの中でめったに一般ユーザーに触れる機会の無い中で、直接の触れ合いが出来たことは貴重な体験でした。改めてユーザーの方の目線と業界の目線の違いを感じ、そこに新たなビジネスチャンスがある様に感じました。
このパールツアーは結構評判が良く、6月だけのイベントの予定でしたが又何かの機会に開催したいと思っています。もし、次の機会がありましたら是非業界の皆様方の参加をお願いします。

「ありがとうございました」

 5月15日から17日までのIJKで当社ブースにお立ち寄りしていただきましてどうもありがとうございました。
事前に十分吟味して準備をしましたが、現場では予期せぬ事柄が発生して、ゆっくりとした対応ができずお詫びいたします。会場で感じたこと質問等あればいつでも本社・神戸店へお問い合わせください。
さて来月6月は真珠の月になります。神戸では真珠会館1Fを一般開放して「パールミュージアム」を開催します。真珠の歴史・神戸と真珠の関わり等、解りやすく解説して真珠をもっと身近に感じていただける内容となっております。もし神戸で真珠会館の近くに観えることがあれば、「パールミュージアム」にお立ち寄りください。

「いよいよIJK」

今日から5月。いよいよIJKの月になりました。
昨年末からIJKの準備にかかっていましたがいまだ出展の用意ができず、今年もGW返上で準備をしなくてはいけません。
おまけに5月は当社の決算月とも重なり、忙しさが更に増幅されています。本来の営業で忙しければいいのですが、展示会と決算月で忙しいのはあまり嬉しくありませんが、IJKでは少しでも多くの商材がPRできると信じて努力しています。
会期中は少ないスタッフで何かと皆様にご迷惑をおかけすることがあるかと思いますが、本社・神戸店では5月12日から16日までは消費税サービス。IJK会場では3日間消費税サービス並び特別価格商品も用意しますので、是非会場へこられた時は当社ブースにお立ち寄りください。
このIJKが終わるとすぐに6月の真珠の月になります。IJKが6月の真珠の月の販売に繋がるよう業界全体で頑張りましょう。

「花見(桜)番外編」

 4月6日の花見はここ10年で一番いい花見ができたと報告しましたが、4月3日に甲府に
行った時も伊勢・神戸では見ることのできない桜を見ました。その時は車窓からの花見でしたが、桜と桃が同時に咲いていました。桜の淡いピンクと桃の
鮮やかなピンクのコントラストが鮮やかな風景でした。
皆さんもこの時期に甲府に行く機会があれば、桜と桃の競演(共演)を楽しんでみてください。
それと三重県でもうひとつ、インターネットのHPで見つけました。
三重県と奈良県の県境にある「三多気の桜」ここは約400年前にこの地方を統治した北畠氏が植えた山桜で有名な場所です。中でもここを有名にしているのが「茅葺の民家・山桜・棚田」が調和した景色がお勧めです、古き良き時代の「日本のふるさと」を感じることのできる風景の一つでしょう、インターネットで「三多気の桜」で検索すればヒットするので一度覗いてください。

古き良き時代で一言。
「温故知新」過去の事実を研究して新しい知識や見解を開く・・・
真珠も過去の良かった時代はなぜそうだったか?今はそれに何が必要なのか?
過去の良いところをふまえて新たな挑戦をする、そんな気構えが必要ではないでしょうか?
昨年の中国アコヤの生産量は4000貫と聞きましたが、現地を知っている方の情報では漁場の環境悪化と昨年の台風の影響で養殖業者の撤退が始まっているそうです。
先ほどの中国アコヤの生産量が4000貫とすると今年はそれ以下かも・・・
そうなると日本の生産量の方が勝っていますし、品質面では負けるはずがありません。
日本アコヤの持つよさに新しい付加価値をつけてチャレンジする、そんな気持ちを持って新たな101年にして欲しいと願います。

「花見」

sakura.jpg
 4月6日(日曜日)花見に行ってきました。
毎年この時期に花見をするようになって、今年が一番いい花見ができました。桜の花は満開からやや散り、天気は上天気の元で仲間と楽しく花見をして一日を過ごしました。
これでお楽しみはしばらくお預け。いよいよ来月のIJKに向けて準備のラストスパートに入ります。宝飾展示会のあり方が岐路に立たされているように見受けられますが、皆様に少しでもお役にたてるよう、当社取り扱い商品のPRに努めます。

「花見本番前直前予想」

 いよいよこの週末に待ちに待った花見。今伊勢本社横の小学校の桜は8部咲きです。この様子だと日曜日の花見本番は満開の桜が見れそうです。が、週間天気予想では曇り予想。
今年は途中で、開花予想が早くなったりとどんな花見になるだろうかと、はらはらどきどきしていたのが満開で見れそうと喜んだのも束の間、今度は一転して天気に見放されてしまいそう…
今日の天気予想通り、せめて曇り空の下でいいので満開の桜が見れることを期待しています。

「花見の予定」

 約一年前の独り言から。
去年は暖冬予想から早々に花見を4月2日と決めて大失敗。今年は3月30日と4月6日と一週間ずらしてどちらかで花見をする予定をたてました。第一回の桜開花予想から4月6日を花見の日と決定しました。ところがその後一転して暖かい日が続き開花は約一週間早くなり来週から咲き始めます。私の予定は一週間刻みでしか決められないのですが、桜は今年も私の予定に合わしてくれそうにありません。花見の場所は平地よりは少し奥に入った山間部なので淡い期待を抱いて4月6日を待つしかありません。
今年の花見がどうなるか?又報告します。

「ルノンの壷」から

NHKに「ルソンの壷」という番組があります。
番組タイトルが「ルソンの壷」。変わった番組タイトルだと不思議に思い調べてみるとその意味がわかりました。
安土桃山時代に堺の商人、呂宋助左衛門(るそん・すけざえもん)がフィリピン・ルソン島で日用品として使われていた壷を見て、「日本に持ち帰れば茶壷として売れる!」とひらめき大量に輸入。するとそのねらいは的中して当時の権力者、豊臣秀吉や千利休がルソン壷を高く評価して豪商や大名が争って求めるお宝となり、助左衛門は巨万の富を築きました。
そして現代の関西には助左衛門のように独創的な発想でビジネスチャンスつまり「ルソンの壷」
をみつけ、成功を収めている企業が数多くあります。番組タイトルは「元気な関西企業の着眼や発想に迫りたい」という意味を込めてこの番組タイトルになったそうです。
前置きはこれくらいで、先日この番組でオンキョーの大朏(おおつき)社長の話を聞きました。
バブル崩壊後、音響メーカーの主力商品が低価格のミニコンポになった時、オンキョーは大手家電メーカーとの価格競争に敗れ赤字に転落してしまいました。
そのオンキョーを買収してわずか1年半で黒字化。老舗ならではの「いい音」へのこだわりと技術力をいかして次々とヒット商品を生み出し、会社再生をはかりました。
私の世代はオーディオに凝った時代でしたが、今ではCDが普及して手軽にデジタルの音が聴けるようになり、携帯オーディオプレーヤーが普及し家庭からステレオが消えていく中で、パソコンと融合した次世代の音響機器を開発してCDより情報量の多い「いい音」、コンサートで聴く原音に近い音楽を再現しようと取り組んでいます。
大朏社長の言葉では、「今現在の主流はデータ量を減らして簡単にダウンロードでき簡単に音楽が楽しめる方向に向かっているが、本質の音を追求して本物のマニアに訴えるメーカーとしての戦略に出た」ということです。
オンキョーのHPから原音に忠実に再現する音楽をダウンロードするには1曲2時間以上かかるそうです。今CD一枚をコピーするのにわずか数分でできることからも、大朏社長の思い入れが理解できるのではないでしょうか?
企業の持つ技術力と経営トップの舵取りが上手く融合した結果成し得た企業復活。
真円真珠発明101年目の真珠業界も他国にない高い技術力としっかりした方向性を示して、新たな100年を築ければと思います。

「キャンセル」

今日はぼやきを。
昨日(日曜日)は久々のゴルフの予定でした。年始依頼久しぶりのゴルフを楽しみにしていたのですが、なんと雪のためゴルフ場がクローズ。
実は2月3日も同じ理由で中止でした。今月に入ってから2回連続でキャンセル。せっかくの楽しみがなくなったと落胆していたのですが、代わりに良かったことも・・・。
一日の予定がなくなったので、部屋の掃除をしたら先日来探していた大切な物がみつかりました。もし見つからなかったらどうしようか悩んでいたのが一気に解決。
ゴルフが中止になったのには落胆しましたが、探し物が見つかったのは朗報でした。これも神様がたまにはゆっくり休めのサインを出していたのかも・・・。
寒い時期ももう少しで終わり。もうすぐ春が来て桜の季節です。
今年の花見(桜)は万全の計画を立てて、満開の桜の下で花見楽しむぞ!!

ビリーズ・ブート・キャンプ

先週、名古屋系のテレビ番組の中で、ビリーズ・ブート・キャンプの販売をしている会社の社長の
特集を見ました。社長はアメリカ人で20年前に岐阜の高校の英語教師として来日し、縁あって
今の会社に就職して
現在は社長職に着いている方です。この会社のユニークな一面を紹介します。
この会社はビルのワンフロアに事務所をおいているのですが、事務所の仕切りが全くありません。
社長室もガラス張りで誰からも社長のデスクが丸見え。これは社内のコミュニケーションを良くする
ための工夫だそうです。一般に組織が大きくなると組織内での意思統一が難しくなってしまします。
・・・なるほどこんな方法もあるのだ、と関心しました。

それとこの社長が番組の最後で色紙に書いた言葉が「変化」 どんどん変わっていく現代社会の
中で「変化」を恐れていれば取り残されてしまうような内容のコメントでした。

「コミュニケーション」「変化」
このふたつの言葉は真珠業界にとっても、とても重要な言葉だと思います。
真珠養殖に従事されている方、流通加工に従事されている方、それぞれの立場があってビジネスを
されているんでしょうが、今まで以上にコミュニケーションが必要な時代ではないのでしょうか?それと「変化」昨年は「真円真珠発明100周年」で業界一丸となってPRを行いましたが、ユーザーのニーズとビジネス体系がどんどん変わっていく中で
我々も販売と展開に変化と進化をしなければいけない年だと痛感しました。

「アルバ」の表紙

 ゴルフ雑誌「アルバ」の表紙に上田桃子さんが載ってます。
その桃子さんの耳には、ミズノクラシックでプレゼントしたあの桃いろピアスが・・・。
ウエアはミズノクラシックの時と違ってました。ミズノクラシック以降の大会の時なのか?それともアルバの表紙を飾るために撮影用として着用してくれたのでしょうか?
「ミズノクラシック以外でも使ってくれたんだ。ピアス集めが趣味の桃子さんお気に入りの1アイテムなのかも。」
この画像をみてちょっと喜んでます。
IJTの様子もいまいちとか業界にあまり良いニュースはありませんが、桃子さんも今年は新天地アメリカツアー参加。日本の女王からさらに大きな世界へチャレンジする前向きな気持ちは私達も見習いたいですね。

新年あけましておめでとうございます。

 新年あけましておめでとうございます。
1月7日新年の営業日初日が神戸で業界内の新年会、又12日・14日と立て続けに伊勢で新年会があり、年始早々忙しい毎日を過ごしております。
そのせいでと言い訳になってしまいますが、独り言も今日15日になってしまいました。
新聞からの抜粋ですが、題名は消える「松下」
松下電器産業が社名を「パナソニック」に変更する記事を読みました。
松下と言えばナショナルブランドで有名な超一流企業ですが、海外市場でライバル会社に後れをとったブランド力を立て直すために社名とブランドの一本化で「パナソニック」と社名変換をするとの事です。社長の言葉も「ノスタルジーに浸るより、成長の可能性に掛けることが重要だ」と出てました。
パナソニックの社長の言葉を借りて、私たち真珠業界は昨年「真円真珠発明100周年」で盛り上がりましたが、今年は100周年も終わり新たな展開を考える年です。
「過ぎた100周年は過去として、新たな可能性を求めて進む一年にしたい」と思います。

今年、一年間ありがとうございました。

今年、一年間ありがとうございました。
今年は真円真珠発明100周年、真珠業界のPRにほぼ一年間携わりPRイベントか?仕事か?どちらが本業かわからない一年でした。
仕事の面ではお客様をはじめ仕入先の方にも迷惑をかけてしまいましたが、真珠業界のPRの
部分では少しは役に立てたと思います。
私個人的には仕事だけでは知り合うことのできないたくさんの方と話ができて非常に楽しい年でした。又その方たちと話すことによって、いろんな知識や考え方を教えていただきました。
来年はそれらの経験を生かしてもっと前向きな仕事をしますので、みなさんどうぞよろしくお願いします。
又、この独り言も後半は更新もできず申し訳ありませんでした。来年はいろんな場所で得た情報やちょっと耳寄りな話、又私のプレイベートな一面も報告しますので、是非付き合ってください。
では来年も皆様にとって良い年でありますように。

今年最後の100周年イベント

今年も6日から神戸でルミナリエが開催されます。
そのルミナリエの開催に合わせて、神戸の真珠会館でパールミュージアムを開催します。
ミュージアムのメイン展示物は真珠約11,000個を使ったツリー。
ルミナリエの雰囲気に合わせて、真珠会館にも電飾をして、会館の中も幻想的な飾り付けがされ真珠のツリーが浮かびあがるイメージで展示されます。
他に真珠100年の歴史を説明したパネル展示、PCKオリジナルのパールカクテル、オリジナルストラップの販売、デザイン真珠製品の展示、ジャズコンサート等、盛りだくさんの内容で開催いたします。
ルミナリエに来られる方はルミナリエ会場から徒歩数分の距離にありますので、是非パールミュージアムに足を運んでください。
期間は6〜9日まで6日、7日は午後5時〜午後9時30分まで、8日9日は午後12時〜午後9時30分までとなっております。

「桃子アルバトロス検証」

ミズノクラシックが終わって明日で一週間、ゴルフの話になると上田桃子さんの優勝とアルバトロスの話題がでてきます。そんな中で今日情報が入ってきました。
今晩22:00 毎日系の番組、ブロードキャスターの中で「桃子アルバトロス検証」という内容で放送があります。この番組で志摩市長が取材を受けてピアスのことを語ってくれたそうです。プレゼントした真珠のピアスの話が出るかも?もしお時間のある方は今晩のブロードキャスターを見てください。

ミズノクラシック最終日

 ミズノクラシック最終日の報告です。
最終日は3日のうち一番いい天気で、お昼前には暖かくなり最高の観戦日和になりました。この日は上田桃子さんのアルバトロスも出てすごく盛り上がった大会となりました。優勝は−13で上田桃子さんでした。
最終日はプレゼントしたピアスを11名の選手がつけてくれてました。
ソフィーグスタフソンさん(スウェーデン)・クリスティナ金さん(アメリカ)・韓智淵さん(韓国)・キャサリンハルさん(オーストラリア)・木村敏美さん、高橋美保子さん、藤田幸希さん、佐伯三貴さん、横峰さくらさん、諸見里しのぶさん、そしてなんと優勝した上田桃子さん。
放送の中では、真珠のピアスをした上田桃子さんの姿が頻繁に映されていました、そして岡本綾子さんも今回選手全員にプレゼントされたこと、私もプレゼントもらったよ。そして100周年のことも語っていただきました。

それと今回なによりの感動は上田桃子さんの優勝です。
上田桃子さんがアップで写るたびに、つけて頂いたピアスが輝いていた事と
今日の多くのスポーツ新聞の一面にはピアスをした上田桃子さんがアップで載っていました。
その中で中日スポーツの記事でこんなコメントが書かれていました。
「お気に入りのピアスとどっちにしようか迷ったんですけど・・・。こっちをつけたのがよかったと思います。きっと伊勢の海味方してくれたんでしょう」・・・嬉しいコメントです。
少しは?少しじゃないと思いますが、真珠真円真珠発明100周年のPRにつながったイベントになりました。最初どこまでのPRになるか半身半疑でしたが、もしこのイベントを進めなければこの結果も得られなかったわけですから、何事も諦めずにトライする気持ちが大切だと痛感しました。
実行委員会の皆様、ご苦労様でした。そして多大な協力をいただいた毎日放送の高島部長・西根副部長、ミズノゴルフ事業部の藤岡課長ありがとうございます。
そして大会中に着用していただいた選手の皆様、どうもありがとうございます。これからも体調崩さずにがんばってください。

最後に上田桃子さん、優勝おめでとう&どうもありがとうございました。

ミズノクラシック2日目

ミズノクラシック2日目の報告をしますが、その前に。昨日藍ちゃんのスコア間違ってました。
+3と書きましたが+5でした、訂正します。

今日の賢島は朝から風が強く寒くて冬の天気でした。今日は上田桃子さんが5アンダーで回って、パープレイのローラデービスさんと同じ−7、−5から−7に8人がひしめいて明日の最終日が楽しみです。
今日はプレゼントしたピアスを8名の選手が付けてくれたました。
辛R周さん(韓国)、丁允珠さん(韓国)、クリスティナ金さん(アメリカ)、張晶さん(韓国)
上原彩子さん、韓智淵さん(韓国)、張娜さん(中国)、高橋美保子さんの以上8名の方がプレゼントしたピアスを付けてプレイしてくれました。皆さんありがとうございました。尚、高橋美保子さんは昨日もしてくれたたそうです。
明日の最終日は、ひょっとしたら横峰さくらさんと諸見
里しのぶさんも、それと高橋美保子さんは明日も付けてくれます。もうひとり藤田幸希さんは、最終日の色をパープルで統一するので、プレゼントしたブルートパーズの入った真珠付ピアスをしてくれます。
いよいよ明日が最後日。テレビ放送で岡本綾子さんの真円真珠100周年のコメントがあるか、皆さん楽しみに観戦してください。私も明日は開門とともに観戦してきます。

ミズノクラシック初日

ミズノクラシックを観戦してきました。
一番ティーで待ち構えて、プレゼントした真珠のピアス・イヤリング確認しました。
78名中真珠を付けていた選手は7名。内2名が前夜祭でプレゼントしたピアスをしてくれてました。前夜祭の壇上へあがってくれた金美賢さんと日本の選手で木村敏美さんです。このお二人に感謝。
今日の試合の結果は首位が7アンダーでローラデービス。日本期待の藍ちゃんは調子が悪く3オーバー。どうもドライバーの調子が悪いみたいで、今日も一番ホールパー5をドライバーを使わず3ウッドでスタートしていきました!
今日は選手の耳ばかり見ていましたが、明日は試合も少し見てきます。

いよいよミズノクラシック・・・

 いよいよ今日からミズノクラシックが始まります。昨日までのミズノクラシック協賛イベントの進行状況報告します。

■10月30日前夜祭。
前夜祭で選手と日米両LPGA会長にプレゼントを贈呈しました、当初選手代表5名に真珠ピアス・イヤリング贈呈、記念撮影、両会長に真珠ネックレス贈呈の内容だったのが、主催の毎日放送さんとミズノさんの協力でそれぞれのプレゼントを装着することとなりました。
選手代表6名が壇上に上がり、実行委員会のプレゼンターがピアス・イヤリングを持って登場すると、代表の藍ちゃんから「うわー、かわいい。全部欲しい。」それぞれの選手がお好みのデザインのピアス・イヤリングを選んで耳に付けると、一斉にカメラマンのフラッシュが光りました。このパーティーの中で一番カメラのフラッシュが多かった場面でした。
次にLPGA両会長(ビベンズ会長・樋口会長)に真珠のネックレスを贈呈しました。両会長もその場でネックレスを首につけて、お礼の言葉をいただきました、この場面は地元伊勢志摩の記者がHP上に記事として掲載してくれています。そこのは横峰さくらさんのサプライズ発言
ちなみにそちらのHPは
http://iseshima.keizai.biz/
です。一度見てください。

当初パーティーの贈呈はここまでだったのですが、急遽日本LPGAの選手の皆さんにピアス・イヤリングを選んでいただく時間ができました、30名程の選手が用意したピアス・イヤリングを前の目を輝かせて嬉しそうにお気に入りのピアス・イヤリングを選んでくれました。

10月31日
昨年、この大会を解説した岡本綾子さんに真珠ネックレスを贈呈しました。昨年の放送の中で「ここ伊勢志摩は・・・・」と真珠を語ってくれた綾子さんにお礼を言って、今年が真円真珠発明100周年で、それを記念に選手の皆さんに真珠のピアス・イヤリングをプレゼントしたことを伝えました。その時毎日放送の方が、「是非解説の中で真珠の宣伝を・・・・。」とナイスフォロー。

土曜日・日曜日のテレビ放送の中で選手がピアス・イヤリングを付けてくれるか?解説の岡本綾子さんが真珠を語ってくれるか?楽しみにしています。
では今からミズノクラシックを見に行ってきます。どの選手がプレゼントしたピアス・イヤリングをしてプレイしているのか?華麗で激しい戦いをワクワクドキドキして3日間楽しんできます。 

あと一週間

来週2日の金曜日から、いよいよミズノクラシックが開催されます。
ミズノクラシックのホームページには、私たち真珠団体が寄贈したオリジナルネームプレートのプレゼント応募案内が出ています、
ぜひ一般の方に真珠の宣伝をこめて案内してください。

大会は全国28局ネットで放送されます。
11月3日(土)14:00〜15:24
11月4日(日)15:00〜16:54

番組の中で真珠の紹介される場面があると思いますので、是非放送をご覧下さい。
その案内が「真円真珠発明100周年」真珠の啓蒙になればいいですね。

[真円真珠発明100周年」

今年の真円真珠発明100周年のお手伝いで独り言が中々書けません。この独り言を読んでいただいている方からお叱りを受けました、申し訳ありません。
今日は年内に行われる伊勢と神戸で行われる真円真珠発明100周年記念PRイベントを紹介します。

まず伊勢のイベント紹介から。
11月2日から4日の3日間、志摩市賢島の賢島カントリーで全米女子ゴルフ大会・ミズノクラシックが開催されます。この大会に伊勢志摩の真珠団体(伊勢志摩真円真珠誕生100周年記念事業実行委員会)が出場選手全員に真珠のピアス又はイヤリングをプレゼントします。そして許される範囲でこの大会中に着用をしていただき、4日・5日のテレビ放映内での自然な露出と解説の岡本綾子さんに「今年が真円真珠発明100周年の年」「ここ志摩が養殖真珠発祥の地」であることを語っていただき、テレビ視聴者への真珠のPRを行います。他に来場者プレゼント・視聴者プレゼントも用意して、より多くの方へ真円真珠100周年記念を周知していただくイベントとします。伊勢神戸地区で始めてスポーツに絡んだPRイベントへの注目お願いします。

次に神戸のイベンをト紹介します。
12月6日から9日の4日間、ちょうど神戸ルミナリエの開催に合わせて神戸の真珠会館内において、「神戸パールミュージアム」を開催します。
内容はPCK協議会が真珠1万個を使って真珠のクリスマスツリーを製作してメイン展示物とします。他にPCK製作の真珠の鐘「ペルラビータ」・神戸発信の新作デザインパールアクセサリー・又真円真珠100周年の歩みの説明パネル等の展示、パールカクテル・オリジナルPCKグッズの販売を行い、真珠会館全体をパールミュージアムとして「真円真珠発明100週年」をPRするイベントを行います。

この独り言を読んでいただいている方がいれば、11月3日・4日のミズノクラシックのテレビ放送是非見てください。又神戸での12月6日から9日までの「パールミュージアム」には来場及び知り合いへの声掛けをしていただいて、100周年事業のPRのお手伝いお願いします。

それぞれのイベントスタッフの方々は、皆さん仕事の合間を縫ってのボランティアで活動をして頂いております、ご苦労をして頂いているイベントスタッフの皆様に心より感謝しております。
 

 

「二宮尊徳・金次郎」

先日、出張の帰りに新幹線で車内雑誌に目を通していたら、二宮尊徳の話が載っていました。
詳しい内容は避けますが、二宮尊徳のイメージは小学校に建っていた像から「勤勉・真面目・節約」と思っていたのですが、実際は現代でいうファンドマネージャー。
ただし金儲け一辺倒の考えではなく、荒廃した農村を立て直せば年貢もふえ藩の財政収入も増える、そんなことを実践して当時の社会に貢献した人なんだそうです。
二宮尊徳の実践した方法は「報徳仕法」と言われキーワードは「出精」「推譲」『分度」
「出精」簡単に言えば向上心。
「推譲」これは本から引用して「譲は人道なり、今日の物を明日に譲り、今年の物を来年に譲るの道を勤めざるは、人にして人にあらず」人は社会によって生かされている。社会に恩返しをしていくことが人の道。      
『分度」分相応の生活態度。金儲けができたからといって贅沢三昧となっては何の意味もない。このように、今現代の私たちに通じることを160年以上も前に実践した人物だそうです。
私の思っていた二宮尊徳は明治政府が当時の政策を推し進めるにあたり、「勤勉・真面目・節約」を浸透させたイメージが残っていたんですね!余談ですが「尊徳」は「たかのり」と読みます。
又、『報徳仕法」真珠の御木本幸吉・トヨタ自動織機の豊田佐吉等も感銘を受け、今も社風に継続されているそうです。二宮尊徳の『報徳仕法」少しでも実践できるようになりたいですね。

『2000社』

 NHKの番組を見ての話ですが、日本が世界で一番長寿会社が多い国なんだそうです。
100年以上続いている会社が5万社、200年以上が2000社あるそうです。
(深夜放送だったので数字に自信がありませんが、間違っていたらごめんなさい。)
他の地域では200年以上がアジア地区で20数社、アメリカも20社程度、ドイツが800社、オランダ200社程度。日本は世界的に見てもダントツな長寿会社が存在する国です。
番組で紹介された会社で一番古いのが飛鳥時代から続いている奈良の建築会社。面白い家風で紹介されたのが岐阜の鋳物会社、大きな企業では皆さんよくご存じの花王。
それぞれが歴史を大切にし長年の技術の蓄積があることに関心して見てました。
一番印象に残ったのが岐阜の鋳物会社でトップが世襲制になっていないんです。
たまたま跡継ぎに男子が生まれなかったのもあるのでしょうが、歴代社長の3分の1が婿養子だそうです。
番組の中で現会長が外部からの新鮮な血が入って、その度に会社が活性化されたと言ってました。
「ふーん。なるほど。」私も長年業界にいると、どんどん頭が固くなっていくんだろうな。柔らかい柔軟性のある考え、頭の片隅じゃなく、真ん中に位置させなくてはいけませんね。

『知的財産』(特許)の所有権

 伊勢商工会議所で勉強した内容です。
特許には日本で取得する特許と諸外国で取得する特許があります。日本での特許しかないメーカーの商品が海外で発売されていても、日本のメーカーは特許権侵害で訴えることができません。
しかし特許権を侵害した商品が日本国内に入った時点から日本のメーカーは特許権侵害で訴えることができるのです。その対象は特許権を侵害している商品を購入した消費者以外全員が特許件侵害の対象となります。
日本のメーカーが特許を取得した商品の海外コピー品を販売することは特許権の侵害にあたりますから、皆さんも知的所有権(特許)のある商品の取扱いには誠意を持った対応をしてくださいね。




 

 

「続・2600球」

今週伊勢でゴルフの練習に没頭しました。

4日間計9時間で、3084球。我ながらよく練習したと関心してます。練習に没頭したおかげで前回の課題がかなり達成できました。この調子でしばらく続けたいのですが、又神戸移動で週一の練習に戻ってしまいます。

「一歩進んで、二歩さがる」の状態になってしまうのでしょううが、早く「二歩進んで、一歩さがる」の状態にしたいです。

ゴルフは自分の趣味ですからもたもたしててもかまいませんが、肝心の仕事は「二歩進んで、一歩さがる」の状態にしたいですね。

『2600球』の結果

昨日久しぶりにゴルフをしました。

スコアはあいかわらず、ボロボロでしたが前回より少しましなゴルフが出来ました。

前回は100点中15点位の点数しかつけられませんでしたが、昨日は35点位かな。

又今週末に『2600球』に挑戦して、お盆休みには50点位の点数がつくゴルフにしたいです。

そうそう、昨日は朝からセミが鳴いていました。九州以外はちょっと空梅雨みたいな梅雨ですが、もうすぐ暑い夏の季節。夏は夏らしく、冬は冬らしくメリハリの効いた季節感が必要ですね。

ビジネスも同じ、プライベートのゴルフも同じ、メリハリを持ってしなければ。

 

「2600球」

HPの管理で予期せぬトラブルが発生して閲覧不能の状態が続きご迷惑をおかけしました。

本日より復帰いたします。

前回の続きですが、6月最終の土曜日から4日間連続でゴルフの練習しました。この4日間真剣にベーシックな反復練習に没頭しました。初日670球、2日目750球(2時間半)、3日目600球、4日目580球。計2600球。

おかげで手の平は真っ赤で豆だらけと水ぶくれの手になってしまいました。

この練習を3ヶ月続けたら多少は上手くなるのかな?そんな時間は到底ありませんが、これからもボチボチと『牛の涎」の様な練習続けます。後ビジネスも『牛の涎」あせらずじっくりと取り組んで行きます。

 

「体が痛い・・・。」

昨日久しぶりにゴルフの練習しました。

2時間打ち放題。2時間で618球うちました。滅茶苦茶久しぶりだったので打球はバラバラ、ショートアイアンしか打てませんでした。ショートアイアンでも真剣に練習したので背筋が痛いです。

「ローマは一日にして成らず」一旦馬力で練習してもダメですよね。

ちょうど梅雨の季節ですから、本番はやめて少しずつゆっくりとゴルフの練習します。

「ご苦労さま」

6月1日、神戸での「真円真珠発明100周年」記念イベントの「パールパーティー」終了しました。

スタッフの皆さんご苦労さまでした。又パーティーにたくさんの商品を提供いただいた各業者さまありがとうございました。

神戸での100周年事業も前半のイベントが終わり、後は秋のイベントを残すのみとなりました。

秋のイベントまでお手伝いお休みして、少しだけプライベートの時間もらいます。

プライベートな時間っていっても平日の夜と日祭日しかありませんが、半年間さぼっていたゴルフの

練習をして、たまの月一ゴルフを少しでもストレスの溜まらないゴルフにしたいです。

 

「真珠の日」

6月の誕生石は真珠。真珠業界では明日(6月1日)を「真珠の日」と呼んでいます。

明日(6月1日)に神戸の主要団体が主催となって「パールパーティ」を開催いたします。

主な内容は、100年前から現代までの真珠と流行をテーマにしたファッションショー、神戸の業者が所有している、「真珠の打ち掛け」「パールブリjッジ」等の展示。他にジャズやクラシックの演奏、又神戸の地場産の洋菓子さん、ケミカルさん、豊岡のカバン屋さんの強力を得て内容盛りだくさんのパーティーで、広く一般の方達に真珠を中心に楽しいひと時を過ごしていただこうという企画です。

神戸の真珠頑張っていますので、6月の誕生石は真珠を是非広くユーザーの方に広めてください。

「ありがとうございます」

IJK2007に出展された皆様ご苦労様でした。又、来場された皆様「ありがとうございます」

来場された皆様におかれましては、何か新しい商材みつかりましたでしょうか?今回にIJKにおきましては、

来場者数・売上とも厳しかったとの声を聞きましたが、世間の景気とは若干のずれが生じる業界としては仕方ないかもしれませんね。

当社も張り切って準備をしましたが、予想外の結果でいささか疲労感が残った展示会でした。ただこれも、お客様のニーズに答えられなかった当社の責任として来年の課題にしたいと思います。

当社HPのアップも日常の業務に追われて中々進みませんが、配布パンフレットの総合カタログはvol.5・空枠カタログはvol.2となっております。もしお手持ちのパンフレットが上記以前のパンフレットでしたら、遠慮せずにお申し出ください。

今後共、皆様のお役に立てる商材を増やしていきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

各駅停車

4月末、伊勢から神戸への移動で久しぶりに宇治山田発の各駅停車で松坂まで移動しました。 普段特急で15分程度の移動が30分。途中の各駅で止まるたびに普段目に留まらない風景が見えました。

伊勢から松阪までの田園風景で、ほとんどの田の田植えが終わっていました。松阪からは特急に乗って、三重県から奈良県の山間部に入るとまだ田植えの準備でこのゴールデンウィーク位が田植えの時期なのでしょうか?そのまま車窓の風景に目を凝らしていると。所々でまだ桜が咲いていました。

普段、時間に追われて急いでいると気づかない事がたくさんあるんですね。桜の季節が終わり山は新緑の季節に入りましたが、思わぬ所で桜の花見をしてきました。

今の世の中のスピード時代の中で色んな情報が流れて、時に重要な情報も見落としてしまいます。

スピード時代の世の中でも、各駅停車に乗った時の様なじっくりと見据えた目が必要と感じました。

 

思い込み(花見)

今年は暖冬でしたね。

毎年恒例の仲間との花見を暖冬予想で4月1日(日曜日)の計画で準備しました。

今年は満開の桜の元で花見が出来ると自身満々でしたが、結果は散々。2部咲きでした。

自然を甘く見てはいけませんね。それと思い込み

花見は遊びでしたから「残念」で終わりましたが、ビジネスでは許されませんよね。

ビジネスの中での"思い込み"に注意注意と戒めた出来事でした。

『真円真珠発明100年』

2007年度は『真円真珠発明100年』にあたります。この100年の節目の年に真珠のPRを日本真珠振興会主導の基で各生産団体・業界団体が行います。ぜひこの機会に一般のユーザーに『真円真珠発明100年』を理解していただいて、真珠のPRを行いましょう。

ちなみに、かの有名な御木本幸吉翁が真珠の養殖に成功したのは今から114年前のことです。最初の養殖真珠は半円形の真珠でした。それから14年の歳月を経て今の丸い真珠が養殖される様になりました。先人の知恵と努力の結果があっての真珠です。先人の知恵と努力に感謝して、多くの方に愛し続けられる真珠でありますように。              

 

 

HP開設のご挨拶

皆様におかれては、ますますのご健勝のことと存じます。
この度,、当社のHPを開設する運びとなりました。
当社のHPでは、当社取り扱い商品の情報・真珠宝飾業界の皆様に
知っていただきたい情報等を随時掲載していく予定です。

当社のHPが業界の皆様に少しでもお役にたつHPとなるよう努力いたしますので
皆様も当HPをご利用ください。